嗅覚を失うことで学ぶ10のこと

ニュージーランドの道で嗅覚を失うほど脳に損傷を受けるまで、今まで自分がどれだけ嗅覚に頼っていたのかなど想像もつかないだろう。そして、ウェルシュウッドの森の真ん中で泣き出すまで、1年ぶりに嗅ぐことができる − ワイルドガーリックの香り−いかに心と香りというものが近くにいる存在なのか分かるだろう。

香りとは粒子が空気伝達されるだけのものでもなく、ナビゲーションツールでもない、それに肺に漂う空気でもない。あなたの欲求であり、外の世界との関係でありあなた自身だ。突然激しい脳震蕩が降りかかった、傷跡は膨れ上がり、約一年の間、私の鼻の穴から入る分子の情報処理能力のすべてを失ってしまった。それはみじめで、最悪で、からっぽになった。しかし、時間と体を休め、リサーチと多くの自己意識に目が遠くなるような訓練のおかげで、また初めから世界を学び始めたこと、香りから始まる。これが私が見出した道のりです。

1

誰もあなたの香りについて触れない

自身の伝える能力をすべて失った時、あなたは嗅覚を刺激されるほど手に汗握るパニックの連続に陥ります。そして誰も正直にあなたに教えてはくれないでしょう。

2

空港でぶち当たる悲しみ

ドバイ空港での4時間もの待ち時間、私は、昔から使っていた香水をまとった − 大学生の時から社会へ飛び出てからも使っていたものだ – ピクルス並みに浴びてもまだ、何も感じない。何も香らない。こうして去年は最悪の門出を迎えることとなった。

3

米はいとも簡単に焦げる

すべての食事は、少なくとも3つ鍋使っていなければならない。注視していなければ、こげちゃの米、焼き焦げた玉ねぎ、炭となったポテト、真っ黒となった豆となってしまう。火事の気配を嗅ぎつけることができなければ、ご近所さんがドアを叩くまでソファでゴロゴロすることなんて容易いこと。

4

母の香りを懐かしむ

実家に帰り、初めて母を抱きしめた時、感じたショック。彼女の腕のなかに立った際に、彼女のゴワゴワした髪が顔に刺さったこと、そして、彼女が飛びこんで来ても私の胸は微動だにしなかったこと。そして、一番はこの一回り小さくなった女性が私の腕の中でこじんまりと佇んでいた時に、私の身体は母の香りを感じ取ることができなかった。彼女は何の香りもしなかった。

5

香りのない食事は、ただの塩と砂糖

嗅覚消失の中にも希望の光となるのはスリムなれること、と願っていた(または、嗅覚消失の中の光ともいう)。私はフレーバーという誘惑を避けることができ、ブロッコリーとライスにオレンジで生きることができる。しかし、しょっぱさ、甘さ、苦味に酸っぱさというテイストを感じることができるという事実が発覚し、苛立たしさを感じた。要するに、ポテとチップスやチョコバーにボールいっぱいのドリトスにといったジャンクフードにおさらばしたということ。

6

香りは言語を制す

新鮮な空気、胡散臭い、危険な香り、何かを嗅ぎつける。- これらの言葉に対して苛立つことはないでしょう。こんなことに注意をすることもないでしょう。恐怖の顔面蒼白の顔だったり、奥さんと喧嘩した時みたいに、手を握って”ごめんね”と囁くなど。大事なことではないけれど、理解できるのは良いこと。

7

香らない思い出なんて、ただの悪い絵画のようだ

たくさんのことが起こったこの数年だったが、香りなしでは思い出すことは難しい。佇んだ丘に、泳いだ海、寝ていたベッド。すべてのことが、なぜか鮮やかさにかけるし、記憶が遠い、そして実際に起こった感じがしない。

8

そして、また香りを感じた瞬間、ハートは花火のように弾ける

暑さにやられた時、初めての激しい涙の香りを感じた。自発的に、空気にワイルドガーリックのピリッとする強い香りを感じた。約2年越しに初めてのリンゴを食べた時、まるで家に帰ってきたような感覚だった。その香りは初めて誰かの手にキスをした時、恋をしたその人の首筋の香りだとわかった。

9

土の香りがするジンジャー

あなたの香りのパレットを学び直す問題は、少しばかり不思議でもある。学生時代の昔のボーイフレンドにと会うようなもので、ただわかることは、金のブレスレットに太い首だということ。ジンジャーは土の香り、男はオニオン、グレープフルーツは古いコイン、そして、バラは焦げた砂糖の香りだった。

10

本当にあなた自身の香りを忘れてしまう

ある温かい夏の夜、それは少しずつ嗅覚が戻りつつあった6か月前のことで、腕を折り曲げて柔らかい肌に息を吹きかけ、そこに鼻を押し付けた。そこで深呼吸をした時、ほのかに、摑みどころない、なぜだかよく知っている幽霊のような香りがした。クッキーに、マッチ、そして微量の紙。それは1年ほど忘れかけていた私自身の肌の香りだった。

This Week

アーティスト、イ・ジョンの仄かなネオンに彩られた世界

人気がなく閑散とした空間にネオンでつくった文字を並べた、写真とインスタレーション。そうした作品を通して、イ・ジョンは“孤独感”と“忘れ去られた世界”を表現する。

Read More

伝統と革新 和漢洋折衷でアート&ファッションに切り込む

水墨画アーティストのCHiNPANが初の個展「BLACK WORK」を開催し、“人体と水墨画の融合”をテーマに制作した作品を展示した。多様な植物に囲まれた会場に、CHiNPANの和紙のテクスチャーや柔らかさ、墨の色は自然界とも溶け合っている。

Read More

パリ、ダンス界を魅了する、レティツィア・ガローニ

ここ数年にわたりパリ国立オペラの観客たちを魅了する、24歳のプリマ・バレリーナ、レティツィア・ガローニ(Letizia Galloni)。そんな彼女が、独学で学んだ少女時代から、彼女のダンス教育、そしてステージ上でのセンセーションに至るまでを、率直に気持ちよく語ってくれた。

Read More

ケイト・マクリーンがつくり出す香りの世界地図

人は、とかく視覚情報に頼りがちだ。自分の周囲の地図をつくるために犬はその鼻を使うが、人は紙に描かれた線を頼りに自らの進路を得る。地図は便利で有効な道具だが、同時に退屈でもある。紙の地図は人を目的地に導くことはできるものの、そこに行けばどんなことが起こるのかは教えてくれない。しかし、ケイト・マクリーンの作品は、その常識を覆してしまった。

Read More

嗅覚を目覚めさせる香りの芸術家クララ・ラヴァット

ベルリンはクロイツベルクの中心に位置するミクストメディアのイベントスペース〈スペクトラム〉で、月に一度開かれる会合〈スメル・ラボ〉。その創始者こそ、バルセロナが生んだ香りのアーティスト、クララ・ラヴァットだ。〈スメル・ラボ〉は香り愛好者たちのための実験的なワークショップで、香りの芸術科学を探求している。

Read More

モデル・中川えりな ミレニアル世代の民主主義に不可欠な5つのファクター

学生団体『SEALDs』の元メンバーであり、現在はカルチャーイベント『Making-Love Club』等を主催するモデルの中川えりな。女性ならではの視点で語る、彼女がいまのミレニアル世代に問いかけたいこと、民主主義について思うことについて聞いた。

Read More

アーティスト、アポロニア・ソコルが描くもの

過去と現代を行き来するフランス人アーティスト、アポロニア・ソコルが描く肖像は、過去の才能を現代のものへと昇華する。彼女の作品に投影される5つの信念とは。

Read More

ペニー・ゴーリングの詩「tower block 55」

ペニー・ゴーリングはロンドンを拠点とするアーティストであり、詩人でもある。カジュアルでありながら緻密という非凡な手法で「非常に注意深く間違えた」作品をつくりあげてきた。今回はそんなペニーについてもっとよく知ることのできるインタビューに加え、彼女が〈The Fifth Sense〉のために書き下ろした詩「tower block 55」を紹介する。

Read More

モデル・アーティストColliu、日常と作品を接続する5つの要素

モデルとして誌面を飾りながら、アーティストとしても活躍するColliu。ペインティング、オブジェ、インスタレーションなど様々なメディアを横断しながら創作活動を行う彼女の作品には、鑑賞者に作品を身近に感じてもらい、鑑賞者を楽しませたいというなによりの動機がある。5つの観点からその作風を紐解いた。

Read More
loading...