デジタルアーティスト、ジョン・ヨウイを知るための10のこと

インスタント麺からアクセサリー、USBケーブルから靴紐をつくり、自らの皮膚に写真をプリントするなど、想像力に富む作品を生み出すアーティスト、ジョン・ヨウイ。彼女にまつわる10の秘密を訊いた。

台湾で生まれ育ったジョン・ヨウイ(Yuyi John)は、デジタルアーティストだ。子どものような想像力を持つ彼女の作品づくりを制限するものなど、この世には存在しない。インスタント麺のアクセサリーや、USBケーブルの靴紐を想像してみよう。今、頭に現れたのが彼女の作品だ。ファッションデザインを学んだのち、すぐにニューヨークへ移住。誰もが羨むファション界での仕事を手にするも、ジョンは自分に元来備わった力を生かすことを選んだ。そして、風変わりなデザイン制作という本当にやりたいことを追求し始めたのである。そのヴァーチャルなアートはもちろんSNSに刺激されたもので、最近のプロジェクトも、TwitterやFacebook、インスタをテーマにしたイメージを顔に貼り付けるというものだ。次に挙げるのは、そんな類まれな想像力を持つアーティスト、ジョン・ヨウイをもっと知るための10の事柄である。

1

子供の頃、女性総理大臣になるのが夢の1つだった。

子供の頃は本当にたくさんなりたいものがあったわ。幼稚園のときはお医者さんになりたかったし、小学校に上がったら、歌手とか女性総理大臣とか。高校生になる頃には、自分が進みたいのはファッションの道だって気づいたの。でも卒業したら、外科医とかモダンダンスのダンサーとか国会議員もいいなって思えてきちゃって……。

2

自称SNS中毒者である。

前はFacebookが大好きだったんだけど、だんだん飽きてきちゃった。たぶん、もっとやりがいのある方がいいからだと思うわ。視覚的に表現するというインスタグラムのコンセプトは大好きよ。

3

すごく後悔していることの1つは、バレーボール選手になり損ねたこと。

高校生の頃は、練習も含めて毎日やっていたのよ。でも大学に行ったら、みんな手や服を汚したくないって言うんだもの。誰もやる人がいなくなっちゃったわ(バレーボールってチームワークが大事だしね)。

4

元カレの匂いが忘れられない……。

忘れられないの。彼は私を振って、精神的にも肉体的にも自分を大事にしなきゃいけないってことを教えてくれたの。

5

もし10年前の自分にアドバイスをするとしたら?

人の言うことなんて気にしない。いじめなんか怖がらないで、人には親切にすること。すぐに自分らしくいられるようになる。行きたかった高校に入れなかったくらいで自分を嫌いになっちゃダメ。最終的には実践大学[訳注:台湾の私立大学。デザイン学科が有名]に行けるし、そこですごく充実した日々を送れるようになるわ。

6

最大の願いの1つは、自分の感情をコントロールする術を学ぶこと。

感情をコントロールできるようになりたいわ。スルーする力をつけて、物静かな人になりたいの。鬱なんてバイバイってね。

7

好きな映画の登場人物は?

『恋する惑星』のフェイ。

8

心地いいのは?

派手なもの。90年代のパンツとか。

9

パーティ用のネタがいくつかある。

アゴにホウキを乗せることができるのよ。これは高校の頃からできてたわ。それに人の星座を当てるのも得意なのよ!

10

もし映画に出るとしたら、役は暗殺者。

二丁拳銃で、すごく腕のいい暗殺者よ。

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...