今、注目すべき南米ミュージシャン5人

ブラジルからボリビアまでを内包する南米。その懐の深さは、彼の地を故郷とするミュージシャンからもうかがい知ることができる。とろけるようなエレクトロニカ、時事問題に斬りこむラップに至るまで、常識を覆す音を世に送る5人のアーティストを紹介しよう。

1

テイ・シ

ポーランド系ユダヤ人を祖先に持ち、アルゼンチンとコロンビアで育ったテイ・シ(本名ヴァレリー・タイシャー)は、のちにカナダへと拠点を移す。そのグローバルな魅力は、ニューヨークでもニューデリーでも通用するような、クリーンかつスーパースタイリッシュなエレクトロニカにも表れている。3月31日にリリースされたデビュー作『Crawl Space』は、自身が子供時代に経験した不眠症や、その才能が開花するまでの軌跡を表現した作品。スペイン語のナンバー「Como Si」も収録されている。同作には、彼女が書いたこんな一文が添えられている。「私のアイデンティティの多くを占めるスペイン語を使って、どうしても何かをつくり出したかった。この言語が大好きだし、そうすることによって自分の中のその部分を記憶にとどめておきたかったの」。

tei-shi.com

2

ダイアモンド

アリス・コエーリョ、ジェニ・ロヨラ、マリアナ・アウヴェスからなる3人組ユニット(元パールズ・ネグラス)は、リオデジャネイロを拠点とし、ハイパーアクティヴでエネルギッシュなダンス系ラップに重厚な低音とバイレ・ファンキを組み合わせ、厳しい貧民街の現実を音楽で表現している。2014年にリリースした2つのミックステープで注目を浴びたのち、短い活動休止期間を経て、この3人のハイティーンたちは、昨年『Bad Girls』を携えて華々しくシーンに返り咲いた。基本的にはEDM[訳注:エレクトロニック・ダンス・ミュージック]サウンドといえるこのアルバムだが、ポルトガル語バージョンのミッシー・エリオット的な要素も併せ持っている(例えばこんな歌詞がある。「もし行き詰まったら、そこから飛び出してごらん。あたしたちが責任持つから」)。つまり、端的に言うと、素晴らしいのひと言だ。

3

フリエッタ・ラダ

ウルグアイ出身のこのシンガーは、著名なパーカッショニストであり歌い手でもある、ルベーン・ラダの娘である。その曲は『Rhythm Nation』時代のジャネット・ジャクソンをスペイン語にしたものと80年代のファンク・ロックの中間の音に、ウルグアイ系黒人サウンドを合わせ、スティーヴィー・ワンダー色を加えたような感じだ。その豊かなポップサウンドによって、今やウルグアイを代表する若き才能の1人となった彼女。2015年には、ラテン・グラミー賞の最優秀新人賞にノミネートされている。

4

ズズカ・ポデローサ

インドネシアとブラジルの血を引くポデローサがつむぐサウンドは、ヒップホップにバイレ・ファンキを融合させ、ダンス要素を加えたもの。その飄々としたエネルギーは、CSS、ボンヂ・ド・ホレといったブラジルのバンドや、M.I.A.を彷彿とさせる。2013年の『Carioca Funk』以降は公式に新曲を発表していないものの、先の1月に起こった女性によるデモ行進を受けて、シングル「Pussy Control」をリリースした。ポルトガル語と英語で、ちょっとおちゃらけながら女性の権利拡張を切り取ったこの曲は、ブルックリンを拠点とする彼女の政治的で不遜な一面をあらわにする秀作だ。

5

カリ・ウチス

コロンビアで生まれ、アメリカで育ったポップスター、ウチス。技巧に富み、ソウルフルでR&B的要素もあるそのバラードは、ブラジルのボサノヴァ歌手アストラッド・ジルベルトからリリー・アレンまで、ありとあらゆる方面から影響を受けてつくられたものだ。また、気鋭のクリエイターとのコラボレーションも注目されている。デビューEP『Por Vida』では、ディプロやタイラー・ザ・クリエイター、ケイトラナダといった面々をプロデューサーに迎えたほか、2014年にリリースされたスヌープ・ドッグの「On Edge」にゲストとして登場。2016年にドロップされた自身のシングル「Only Girl」では、ヴィンス・ステイプルズとジ・インターネットのスティーヴ・レイシーをフィーチャーした。レトロな音楽にインスパイアされながら、インスタグラムでもその世界観を伝えているウチス。その比類なきセンスが感じられる写真とともに、帰省中に撮ったスナップも公開している。

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...