多田明日香のインスピレーションを掻き立てる5つの花

彩り豊かな押し花を用いて、細密で美しい人体の骨格をかたどった写真集『flora Bones of pressed flowers』で注目を集めたアートディレクター・多田明日香が、自身の作品集のなかから厳選した、感性を刺激する5つの花を紹介。

1

ピンクッション

はじめて見た時、異様な咲き姿に興奮してしまった。

針刺しに針をたくさん刺しているような咲き姿が特徴であるこの花の生まれは南アフリカ。女をテーマに制作した「flora」を制作した2年後、日本とアフリカで咲く花が違うように、女たちもまた、暮らす環境によって思想や価値観が違ってくること、また時を百年、千年と遡れば違う女が見えてくることに気づかせてくれた花。

2

ビオラ

冬になるとベランダでよく育てていた。花が咲いては摘んで押し花にしていたが、いくら摘み取っても次の日にはまたすぐ花は咲いていた。そんな記憶があってか、『flora』の骨盤部分にたくさん使ったこの花は、子宝に恵まれるようにと願いを込めていたのかもしれない。

3

紫陽花

紫陽花が咲いている情景が好きだ。雨や曇りの少しグレーな風景にパッと色をさしている。その瑞々しさが好きだ。そして紫陽花の血の気が引くようにじっくりと枯れていく姿もまたたまらない。私はその姿に人の生き死にを妙に重ねてしまう。

4

アルストロメリア

一つの花のなかに、グラデーション・斑点、雄しべの曲線など様々な表情があるこの花は、色も様々で、見たことのない色を花屋で見つけるたびに買ってしまう。昆虫が甘い蜜や香りに誘われて引き寄せられるように、私もアリストロメリアの咲き姿に魅せられてしまっていた。私は花に操られているのではとさえ思えてきたことがある。

5

バラ

100本のバラを旦那さんにもらったことがある。100本のバラの香りはこれまで知っていたバラの香りとはまた違い、生々しかった。バラが地球上に現れたのは5000万年以上前といわれているらしいが、何万年も前の人も同じ香りに魅了されていたかもしれない。

左から、紫陽花・ピンクッション・アルストロメリア・ビオラ・バラ。

多田明日香/アートディレクター。2010年武蔵野美術大学 基礎デザイン学科を卒業。2012年、押し花で女性の骸骨を形づくった作品『flora』を自費出版。2015年、同作品を飛鳥新社から再度出版。現在、広告代理店にてアートディレクターとして働く傍ら、消費されるのではなく、人々の生活の中で手元に残り、身につけるものを作りたいという想いからプロダクトプランドを立ち上げ、自身のグラフィック作品をプリントしたスカーフを、スパイラル青山「MINA-TO」にて展開中。

asukatada.com

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...