スース・ラロッシュのエキゾティックな魅力を探る

エジプトとフランスの血を引くアーティスト、スース・ラロッシュ。感情と無意味さを探究するそのアナログな写真および映像作品は、作家自身と同様に神秘的雰囲気に満ち、謎めいている。

ロンドンで生まれ育ち、エジプト人とフランス人の祖先を持つスース・ラロッシュ(Susu Laroche)は、スチールケースに入った父親のフィルムカメラを発見したあと、デジタル技術に別れを告げ、アナログの信者となった。さらにセントラル・セント・マーチンズでファインアートを学んでからは、その興味を映像にも向けるようになったという。美しさの中に不吉さをはらむその作品は、カルト的儀式や忘れがたい人々がスースの想像上の世界に影を落とす古代の王国を表出している。作家のJ・G・バラードやジョルジュ・バタイユ、写真家のライナー・ヴェルナー・ファスビンダーなどに影響を受けながら、スースは、オーソドックスなものへの反抗や、自分の周りの世界でもてはやされる因習や献身への拒絶を暗示させる作品を生み出し続けているのだ。

「〈Chaos Lure Us Chaos Rule Us(混沌は我々を魅了し、支配する)〉は私の名前のアナグラムよ。だからきっと運命なのね。この言葉はどこに行っても私を追いかけてくるの。アナログカメラで撮った写真や、エゴに対峙する映画を撮影することに勝るものはほとんどないわ。そこでは、絶対自分の思い通りにはならない。それを知った上で作業しなきゃいけないってわけ。絶え間ない妨害工作のような気がするときもあるけど、ワクワクするのよね」。

「長いあいだ、屋根裏のアトリエ兼暗室で作業していたの。でも立ち退き命令が出て、あの病的な興奮状態に終わりが来たわ。アスベストと化学薬品の結晶だらけだったのよ。私、引き伸ばし機用のタイマーを持ってないから、写真を1枚引き伸ばすたびに、心のままに歌いながら大声で数を数えてたの。今は沈没しかけてる元足場工場にいるわ。周りにあるのは、ネズミと廃車と牧草地。冒険心をかき立てるために、その辺りや、目的地を決めて写真に撮ってるのよ」。

「つくり出したのは、メンフィスという場所にある見せかけと真実の間のぼやけた境界線。メンフィスっていうのは、古代エジプトの首都でもあり、テネシー州のメンフィスでもある。このふたつの都市が文化的に衝突した1066年の昼夜平分時に、すべてが起こったの。聖戦なき封建主義の時代ね。『真実は何もない、すべてが許される』(11世紀にイスラムのカルト教団を率いたハサン・サッバーフの言葉)が合言葉よ」。

This Week

タイムトラベルとアフロフューチャリズムが導く未来

ラシーダ・フィリップスとキャメイ・アイワの手によって生み出された、タイムトラベルとアフロフューチャリズムを駆使し、アートと音楽によって女性を鼓舞するコミュニティスペース〈Community Futures Lab〉の真相にせまる。

Read More

アイスランドが誇るガールズラッパー、レイキャヴィークルダエトゥール

レイキャヴィークルダエトゥールがやってくる!

Read More

香りの言語

おそらく、人間の持つ感覚で最も研ぎ澄まされているのは嗅覚だ。ある研究では、人は1兆もしくはもっと多くの香りを嗅ぎ分けられることが示されている。しかし、言語はそうした香りを限られた語彙の中でしか表現できない。

Read More

マネキン・アーティストFEMMを動かす5つのファクター

ラバー製の衣装を身にまとい、過激なラップに合わせてパフォーマンスする、2体の女性型マネキンからなるダンス&ラップ・デュオFEMM。新たなポップ・アイコンとして注目を集める彼女たちの、その特異なクリエイティビティを形作る要素とは一体何なのか?

Read More

香りを言葉で描く:作詞家、詩人、劇作家、作家、脚本家

“香り”はどのようにクリエイティヴィティを刺激し、その存在はどのように言葉で語られてきたのだろうか。作詞家、詩人、劇作家、作家、脚本家として活躍する5人の女性の香りのかかわりにクローズアップ。

Read More

ジャミラ・ジョンソン=スモールの自由奔放な身体表現

彼女自身の言葉を借りるなら、ジャミラ・ジョンソン=スモールがダンスを愛しているのは、それが「ラディカルかつ社会的な命題」だから。そして実際、そのラディカルな側面は、ジャミラ本人がステージのオンオフで見せる姿からもはっきりと浮かび上がってくる。

Read More

レバノンのナイトライフを彩るアンダーグラウンドな女性たち

かつては男たちだけだったレバノンの首都、ベイルートのクラブシーン。その世界にラディカルに分け入り、そのシーンを震撼させるアンダーグラウンドで活躍する女性たち5人に話を訊いた。

Read More

The Wisely Brothers、歌に乗せる彼女たちの想い

繊細で瑞々しい楽曲と自由で飾り気の無いライブパフォーマンスに人気急上昇中の3ピースガールズバンドThe Wisely Brothers。その懐っこい人柄は見る者を惹きつけ無防備にさせる、そんな不思議な魅力をもつ。

Read More

イエルサ・デイリー=ウォードによる詩〈香り〉

詩人、作家として活躍するイエルサ・デイリー=ウォードが、スポークン・ワード・ポエトリーに出会ったのは、南アフリカでのある夜のこと。そしてそれが、彼女の人生を変えることとなったのだ。

Read More
loading...