アーティスト、イ・ジョンの仄かなネオンに彩られた世界

人気がなく閑散とした空間にネオンでつくった文字を並べた、写真とインスタレーション。そうした作品を通して、イ・ジョンは“孤独感”と“忘れ去られた世界”を表現する。

ソウルで生まれ育ったアーティスト、イ・ジョン(Jung Lee)は、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートでファインアートを学んだ。そこで一時期、英語の表面的な形式性と現実との差異を埋めようと努力したという。去年9月に開催された〈ONE AND J. Gallery〉での個展は、フランスの小説家マルグリット・デュラスの絶筆『これでおしまい』にインスパイアされたもの。沈黙やため息など、かの作家が文章に落とし込んだ難解なジェスチャーを、イ・ジョン独自の解釈で表現している。人気のない背景にゆるやかな言葉が置かれた作品からは“うつろい”が感じられるが、これは彼女自身にも言えるだろう。彼女の最初の写真シリーズ「Oriental women」は、20代半ばに、外国人留学生としてロンドンで過ごした自身の経験を反映しているのだ。現在彼女が暮らすソウル郊外の町は、南北朝鮮の非武装地帯にほど近く、都市と田舎の間に位置している。こうした“疎外感”を作品の核に据え、ジョンは誰も行ったことのない独自の世界を表現し続けているのだ。

子供時代の思い出が、無意識のうちにアーティストになりたいという私の願望に影響していたのね。

「子供のころ、ピアノのレッスンを受けていたわ。上手でも才能があったわけでもなかったけど、ベートーベンとモーツァルトの話や伝説が大好きだった。20代半ばで写真に真剣に取り組むようになったけど、それまではどんな分野であれ、アーティストになることなんて考えもしなかったわ。写真を勉強し始めたころ、私のような人間には写真が理想的なメディアだってことに気がついたのよ」

ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートにいたころから、作品に言語や文章を入れるようになったの。

「そのころ、言語はすべてを包括することができないんだと気づいたの。例えば、本当はどう思っているかに関係なく、『元気よ、ありがとう。あなたは?』と返事をするのが、日常会話におけるベストな方法だと誰もが考えているでしょう。そこから言語に関するアイデアが花開いて、そのあとすぐに言葉への情熱をネオンと結びつけるようになったの」

完ぺきで満ち足りて見えるものには興味がないわ。

「その代わり、不完全で何かが欠けているようなものに惹かれるの。完全ではなかったり、見捨てられたように見えるものに出会い、そこに自分の言葉を添えることに喜びを感じるのよ。そうすることで、自分自身の中に眠る美しさを発見したような気持になる。私の作品は、そういう言葉以外にメッセージを発することがないけど、見た人が自分の内にある“声”と向き合ってくれればと思っているわ」

視覚が、自分自身とその作品にとって一番大切ね。

「目に見えるものだけじゃなくて、頭の中のイメージもね。たくさんの時間を人間観察に費やしているし、作品から世の中の真実を浮かび上がらせたいと思っているわ。私の作品はパッと見風景写真に見えるかもしれないけど、最終的に示したいのは人間性だから」

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...