今知っておくべき中国の女性ミュージシャン5人

日本ではあまりメジャーではない中国のミュージシャンシーン。ロックやエレクトロから、フォークまで、今知っておくべきミュージシャンとは? 中国人女性ミュージシャンに5人にクローズアップ。

1

ノヴァ・ハート(Nova Heart)

北京のアシッドテクノバンド、ノヴァ・ハートは、“北京のロッククイーン”の異名を持つリードシンガー、ヘレン・フェン・ハイニン(Helen Feng Haining)がイタリア人プロデューサーのロディオンと出会い、組むことを決めたときに結成された。2014年にファーストフルアルバム『ノヴァ・ハート』をリリースすると、翌年にはイギリスのグラストンベリ・フェスティヴァルで初めて演奏した中国人バンドの1つとなった。

novaheart.bandcamp.com 

2

チェン・リー(Chen Li)

人気歌手フェイ・ウォン(Faye Wong)を彷彿とさせながらも、唯一無二の声を持つチェン・リー。フォークシンガーとしてだけではなく、作曲家や作詞家としても活躍。「その後に混沌を残し、あなたは去った。年月が私の執着を奪っていく」など、美しい歌詞を自ら手がけている。彼女の音楽を何らかのジャンルに区分するのは難しい。なぜなら、そのサウンドは真にオリジナリティあふれるものだからだ。

3

ダボズ(DaBozz)

5月にファーストソロアルバム『ホワイト・ナイト』をリリースしたダボズ。このオルタナティヴ・ヒップホップのアーティスト(別名“アーンティ・コールド”)が放った初のアルバムは、ロマンティックかつ率直で冷酷さまでをもあわせ持っていた。男性ラッパーにしばしば見られるような自画自賛的要素はなく、女性らしさというユニヴァーサルなテーマに基づくそのサウンドは、切れ味鋭く力にあふれ、心揺さぶるものに仕上がっている。

4

サウス・アシッド・ミミ(SOUTH ACID MIMI)

ビキニ・キル(Bikini Kill)、アクション・パクト(! action pact !)、アタリ・ティーンエイジ・ライオット(Atari Teenage Riot)やヤー・ヤー・ヤーズ(Yeah Yeah Yeahs)などの音楽に影響を受けたこのガールズバンドは、中国雲南省の省都・昆明市出身の女性3人によって2013年に結成され、国内をツアーするようになった。昆明市で育った3人は、同じ雲南省の少数民族リス族の言葉を使って、中国の若者の日常を歌った『nunudugu』を世に送り出している。

5

チャチャ(ChaCha)

ビヨーク(Bjork)やエリカ・バドゥ(Erykah Badu)に影響を受けたというチャチャ。だからこそ、彼女のサウンドもまた、ヒップホップやイージーリスニング、未来的なエレクトロやダブ/レゲエなど、音楽のジャンルを自由に飛び越えるのだろう。レゲエやヒップホップが好きなら、チャチャの音が心に響くことは間違いない。

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...