5人のフローリストによる、香り高い花の話

一輪の[※花の絵文字]や豪華な花束を、実生活で誰かに贈ることはあるだろうか。5人のフローリストが、その鼻孔をくすぐるかぐわしい花について語ってくれた。

花のタイプ、色、アレンジメントなどに隠された暗号を込め、その花自体を秘密の言語のように使うことを、フロリオグラフィと呼ぶ。感情を大っぴらに吐露することがタブーとされた19世紀のヴィクトリア朝時代に、大流行したそうだ。だが、今は花やハートの絵文字(より気持ちを込めたいならその両方)をちりばめたメールやSMSを送って好きだと伝えたり、愛を確かめたりする方が好まれるようだ。すべてがタッチパネルに指を数回押し当てるだけで済んでしまう。それでも、花が持つ繊細な美しさや、そのユニークで個性的な香りにとって代われるものは、現実世界にそうあるものではない。花を取り巻く文化は、謎に包まれたその起源以来の革命を迎えたのだ。このあと登場する5人のフローリストが明かした通り、ウェディングからキャットウォーク、そしてファッション撮影に至るまで、優美な雰囲気作りには、今やフラワーアレンジメントは不可欠な存在となっている。そのフローリストたちが、かぐわしい花々について話をしてくれた。

イングリッシュ・ガーデン・ローズ/ニック・サザン「Grace & Thorn」(ロンドン)

「バラの香りを専門的に表現するなら、デビッド・オースチンは果実、ティー、ミルラ、ムスク、そして年月を感じさせる香りに分けることができます。私が育ったのはイズリントンにあるコンクリートでできた公営住宅団地で、緑はどこにもありませんでした。でもイタリア人の祖父母がロンドン郊外のクラウチ・エンドに住んでいて、そこには素晴らしい庭があったんです。私にとってオアシスのような場所でした。遊ぼうよ! 何してるの? ありがと、でも私、おばあちゃんのバラを剪定しているほうがいいの。っていう具合だったんです。おばあちゃんは至るところにバラを植えていて、いつも身近な存在でした。バラの匂いがすると、いつだっておばあちゃんの家を訪ねたときのことを思い出すんです。エスプレッソやパスティナ、ラグーソースの思い出と一緒に。私にとって、とても大切な花なんです。というより、私のブランド全体が、バラに基づいたものですから。相反するふたつの要素を屋号に入れたくて、「Grace & Thorn(美しさと棘)」としたんです。バラは、品性があって美しく、エレガントですが、同時に棘がありますよね。まるで「触らないで!」と言っているみたいに。この相反する要素は、すべてのことに当てはまると思うのです。私たちはただ可愛らしくあるだけでなく、エッジィな感性を持つ必要もありますよね。ショックを受けるくらいアグレッシヴなアレンジメントも好きなんですよ、私」。 Grace & Thorn

スズラン/カリー・エリス「McQueens」(ロンドン)

「美しいフォルムながら、小さく、控えめで目立たない存在。それでいて優美かつシックな花。センスのある花嫁さんはみんな、ブーケにスズランを入れるべきだと私は思うんです。香りもとても良いのですが、石けんやハンドソープにしたものは苦手ですね。私が大好きな、あの繊細で甘くて夢見るような完ぺきな香りは、本物の花しか出せないのです。スズランのいいところのひとつは、季節を厳密に選んで咲くということ。4月の終わりから5月くらいまでしか咲かないので、特別感があるんです。宿根草なので、花言葉のとおり「再び幸せが訪れる」まで生きることができますよ。それとも、もしかしたら、この花が幸せそのものなのかもしれませんね。私の母は熱心な園芸家で、イチジクの木の下にスズランを植えていました。だから、この花を見るたびに郷愁にかられ、家族のことを思い出すんですよ。恋愛に関しても同じで、結婚することがあれば、ほぼ確実にスズランをブーケに入れると思います。とてもロマンティックですよね。香りが強い花はそれほどありませんが、スズランは疑う余地なくそのひとつです」。McQueens

チューベローズ/エマ「Palais Flowers」

「目立たず、ユニークな美しさをたたえながら、ひっそりと息づくチューベローズ。その花が咲くのは、夜だけです。香りはおなじみのジャスミンに似ていますが、魅惑的な暗さがあり、甘く、うっとりと酔わせてくれます。私が出会った中で最も花らしい香りですね。五感のうち、一番強く記憶を呼び起こすのは嗅覚だと、科学者たちが証明しています。花には強い香りがありますから、扱うのはおもしろいですよ。これを贈られた人の頭の中にいったいどんな思い出が蘇るか、誰にもわからないですからね。チューベローズは、その性質ゆえ、世界中で薬草として使われていました。強い香りがするので、リラクゼーションや、媚薬としても使用されたといいます。この香りがすると、私はいつも休暇のことを思い出すんですよ。リスボンのお店で、地元で手づくりされたこの香りのソープを見つけたんです。パリの古い香水会社の小瓶に詰められていました。チューベローズはメキシコ原産とされていますが、世界中探しても、野生のものはほとんど見られません。夜にしか花が咲かないことから、多くの文化圏でこの花には魔法があるとされてきました。また、それゆえ、歴史的に危険かつ禁断の快楽の象徴と伝えられてきたのです」。JamJar.

ジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)/メリッサ・リチャードソン「JAMJAR」

「私の記憶に初めて現れるアイリスは、淡緑色のトゲがある葉に囲まれ、赤みがかったレンガの壁に向かって植えられていました。たぶん子供時代に住んでいたサセックスの家の庭でしょう。雨ばかりの冷え冷えとした4月の灰色の空の下で、ごく短期間だけその庭が愛らしさにあふれたのです。その香りは、オレンジの花やユリのようなジャコウふうでスパイシーなものとは違います。スーパーでよく売っている青いアイリスは、そもそも香りがまったくないですからね。19世紀の日本でつくられた球根のカタログを見つけたことがあるんですが、当時の私は2人の子どもを抱えて離婚した身。12枚のアイリスの版画を買う余裕はありませんでした。だから泣く泣く手ぶらでフェアを後にしたんです。その2週間後、私の父が大きな包みを抱えて家にやってきたのですが、その中にあの絵があったんです! 今は『JAMJAR』のスタジオに掛かっていて、花好きの人たちが、私と同じくらい虜になっています。長持ちしないアイリスは、フローリストにとって実際的な花とは言えません。ですが、グラマラスで儚く、美しいその姿は、私の心をとらえて離さないのです。栽培が始まったばかりのころ、アイリスは香水作りに活用され、薬草としても使われていました。ジャーマンアイリスの根は、ジンの味つけにも利用されたんですよ。私の中では、その事実すべてがこの花を愛すべき理由なんです」。 Scarlet & Violet

レモンゼラニウム/ヴィック・ブラザーソン「Scarlet & Violet」

「学校を卒業した後、イタリアに貧乏旅行をしたんです。おかしなB&Bに滞在したのですが、ゼラニウムが植えられた中庭があって。アートスクール時代はそこに座ってスケッチブックに絵を描いていました。香りっておかしなものですね。こんなうだるような都会の庭にいながら、当時の強く温かな香りが鮮明に蘇ってきます。ゼラニウムの独特の感触や、シャープでふわふわの緑の葉、小さなピンクの花の姿と一緒に。イギリスでは、7月から9月くらいまでが花の時期。ゼラニウムの香りは私の心を和ませて、リフレッシュさせてくれます。軽やかで、ちょっとシトロネラの香りと似ていますね。フレッシュで凛としていて、レモンのようだけどスモーキーで強い香りでもある。うちの玄関には、レモンゼラニウムの花瓶が置いてあるんです。そうすれば、家を出たり入ったりするときに、ちょっとひと嗅ぎできるでしょう。ときどき、ポケットに葉を1~2枚忍ばせることもあるんですよ。そして店でその香りを楽しむんです」。 Palais Flowers

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...