アーティスト、アポロニア・ソコルが描くもの

過去と現代を行き来するフランス人アーティスト、アポロニア・ソコルが描く肖像は、過去の才能を現代のものへと昇華する。彼女の作品に投影される5つの信念とは。

アポロニア・ソコル(Apolonia Sokol)のアート作品を見るのは、タイムマシンで芸術が初めてこの世に生まれたときにまで時を遡るような体験だ。彼女が作り出す油絵作品には、葛飾北斎の浮世絵とポーランド系フランス人の画家バルテュス(Balthus)の画風が出会い、そこで新約聖書に登場する女性サロメをホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)が歌で讃えたような世界が広がる。誰もが自らのうちに感じ、しかし誰もが目を背けている本性——そんな感覚を見る者に引き起こすことができる稀有な才能をもって、ソコルは自身の友人や恋人、そして日常で出会う他人を肖像のうちに描く。昨年10月にパリのFIACアート・フェアで行なった最新エキシビション『Heartbreak Hotel』では、女性の裸を描いたシリーズを含む多くの油絵作品が展示された。

www.apoloniasokol.com

1

物的に、肉食動物のように、絵を描く。

パリの国立高等美術学校の美術史教授であり、本の著者でもあるディディエ・セマン(Didier Semin)は、私を「肉食」で「取り憑かれている」と……これからも妥協することなく私の絵画世界を追求していきたいと思います。

2

「もっと深く知りたい」と思える人々を絵に描く。

外に出て、私が描きたいひとに出会うということ——彼らの半生を知って、彼らの存在のうちにある欲望と知られざる一面を解き明かすのは、私が絵を描くうえで絶対的な意味を持つプロセスです。彼らに見るそういった性質、そういった“本性”は、私自身にも内在している——それを理解すると、そこに共感や情熱が芽生えてきて、私が描く絵にもそれが滲み出ます。でも、良い絵というものはモデルだけで決まるわけじゃありません。デイヴィッド・ホックニー(David Hockney)がプールと当時の恋人を描いた絵——ホックニーはあの肉体と存在を捉えたかったわけですが、いま私たちがあの絵のことを考えたときに心に浮かんでくるのは、プールと、それを描いたホックニーのアートの要素だけで、彼の恋人について鮮明に思い出せるひとはほとんどいないでしょう。カラヴァッジオ(Michelangelo Merisi da Caravaggio)の絵もマティス(Henri Matisse)の作品も、ジョルジョ・モランディ(Giorgio Morandi)が描いた瓶の絵も同じことが言えます。

3

音楽はなによりも速く、人間をトランス状態へと導いてくれる。

絵を描いているときは、同じ音楽を何度も何度も繰り返し聴いていられます。パフォーマーやミュージシャンは感情を直接的に伝えることができる——それだけで大きな尊敬の念を抱かずにいられません。抽象的な音世界もポップスも好きで、スティーヴ・ライヒ(Steve Reich)からホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)、リヒャルト・ワーグナー(Richard Wagner)からボニー・バナーヌ(Bonnie Banane)とウォルター・メッカ(Walter Mecca)まで、なんでも聴きます。友達のひとりに素晴らしい歌手がいて、彼女が書く歌詞にも、その実験的なサウンドにも、日々インスパイアされています。

4

私の生活のなかで、香りは大きな存在。

油絵を描く際にはテレピン油を用いるので、私は常に毒の香りに包まれています。テレピン油の香りに私は興奮させられますが、同時に肌や髪をはじめ体には大きな打撃が加わっています。でもあの香りが好きなんです——私のアートの大きな一部なのです。

5

芸術は直感的な言語。

もう亡くなっている芸術家たちだけでなく、現代アーティストの作品が持つ言語に意識を向けてみると楽しいですよ。ヘンリー・テイラー(Henry Taylor)やエリザベス・ペイトン(Elizabeth Peyton)、ジュール・ド・バランクール(Jules de Balincourt)といった名匠たちの作品を見ると、歴史が学べます。いま私がもっとも心を奪われているのは、バルテュス(Balthus)ですね。

This Week

アーティスト、イ・ジョンの仄かなネオンに彩られた世界

人気がなく閑散とした空間にネオンでつくった文字を並べた、写真とインスタレーション。そうした作品を通して、イ・ジョンは“孤独感”と“忘れ去られた世界”を表現する。

Read More

伝統と革新 和漢洋折衷でアート&ファッションに切り込む

水墨画アーティストのCHiNPANが初の個展「BLACK WORK」を開催し、“人体と水墨画の融合”をテーマに制作した作品を展示した。多様な植物に囲まれた会場に、CHiNPANの和紙のテクスチャーや柔らかさ、墨の色は自然界とも溶け合っている。

Read More

パリ、ダンス界を魅了する、レティツィア・ガローニ

ここ数年にわたりパリ国立オペラの観客たちを魅了する、24歳のプリマ・バレリーナ、レティツィア・ガローニ(Letizia Galloni)。そんな彼女が、独学で学んだ少女時代から、彼女のダンス教育、そしてステージ上でのセンセーションに至るまでを、率直に気持ちよく語ってくれた。

Read More

ケイト・マクリーンがつくり出す香りの世界地図

人は、とかく視覚情報に頼りがちだ。自分の周囲の地図をつくるために犬はその鼻を使うが、人は紙に描かれた線を頼りに自らの進路を得る。地図は便利で有効な道具だが、同時に退屈でもある。紙の地図は人を目的地に導くことはできるものの、そこに行けばどんなことが起こるのかは教えてくれない。しかし、ケイト・マクリーンの作品は、その常識を覆してしまった。

Read More

嗅覚を目覚めさせる香りの芸術家クララ・ラヴァット

ベルリンはクロイツベルクの中心に位置するミクストメディアのイベントスペース〈スペクトラム〉で、月に一度開かれる会合〈スメル・ラボ〉。その創始者こそ、バルセロナが生んだ香りのアーティスト、クララ・ラヴァットだ。〈スメル・ラボ〉は香り愛好者たちのための実験的なワークショップで、香りの芸術科学を探求している。

Read More

モデル・中川えりな ミレニアル世代の民主主義に不可欠な5つのファクター

学生団体『SEALDs』の元メンバーであり、現在はカルチャーイベント『Making-Love Club』等を主催するモデルの中川えりな。女性ならではの視点で語る、彼女がいまのミレニアル世代に問いかけたいこと、民主主義について思うことについて聞いた。

Read More

アーティスト、アポロニア・ソコルが描くもの

過去と現代を行き来するフランス人アーティスト、アポロニア・ソコルが描く肖像は、過去の才能を現代のものへと昇華する。彼女の作品に投影される5つの信念とは。

Read More

ペニー・ゴーリングの詩「tower block 55」

ペニー・ゴーリングはロンドンを拠点とするアーティストであり、詩人でもある。カジュアルでありながら緻密という非凡な手法で「非常に注意深く間違えた」作品をつくりあげてきた。今回はそんなペニーについてもっとよく知ることのできるインタビューに加え、彼女が〈The Fifth Sense〉のために書き下ろした詩「tower block 55」を紹介する。

Read More

モデル・アーティストColliu、日常と作品を接続する5つの要素

モデルとして誌面を飾りながら、アーティストとしても活躍するColliu。ペインティング、オブジェ、インスタレーションなど様々なメディアを横断しながら創作活動を行う彼女の作品には、鑑賞者に作品を身近に感じてもらい、鑑賞者を楽しませたいというなによりの動機がある。5つの観点からその作風を紐解いた。

Read More
loading...