ランジェリーデザイナーを支える5つのモチベーション

フェミニンなデザインと革新的な色づかい。ランジェリーブランド〈dora larsen〉を手がける デザイナー、ジョージア・ラーセンのクリエイションを支えるのは、5つのモチベーションにあった。

ランジェリーの素材に、ストレッチが効いたチュールを使うのが大好き。とてもしなやかだから、世界一美しいシルエットで衣服にフィットするランジェリーがつくれるの。それにどこかモダンで洗練された雰囲気にもなる。それがまさに、私がもっとも魅了されている、ランジェリーの美学なのよ。

1

ランジェリーは最も自信につながるファッションプロダクトである。

私はいつも“かわいい”ものに惹かれてきたの。レースとか透け感のある生地には本能的に惹きつけられるわ。私の関心が特にランジェリーに向けられる主な理由もそこにあると思う。最初のブラのつくり方をまだ覚えているくらい! ブラがすごくほしかったんだけど、まだ必要ではなくて。買ったり、母に頼んだりするのは恥ずかしすぎたから、自分でつくっちゃったのよ。そのあと、すぐに大人になったような気がしたわ。

2

ブラをデザインするのは、エンジニアの仕事とどこか似ている。使用する素材はすべて完璧な伸縮性と強度を備え、正しい構造で組み立てられなければならない。

異素材を組み合わせるのが好きなの。例えば、スポーティな素材とフェミニンなレースをミックスしたりね。正反対の素材を組み合わせると、よりおもしろいものができることが多いのよ。伸縮性のあるチュール素材をランジェリーに使うのが大好き。すごく強いから、とても美しいシルエットをつくり出すことができるし、生地との相性も抜群なの。モダンで、けばけばしくなくて、私が一番好きなランジェリーのスタイルにぴったり合うのよ。

3

私が育った家庭はとてもクリエイティヴで、インスピレーションにあふれていた。

私の父はシュルレアルのアーティストだったから、家の中は作品やデザイン関連の本で埋め尽くされていたわ。ほかの家族も、ファッションデザイナーや建築家、家具デザイナーとか。つまり、明らかに遺伝的な何かがあるってわけ。

4

色に対する私の思いは、かつて読んだアンリ・マティスの言葉にすべて集約されている。「色をすべて取り出すことはできないが、他の色との対比は美しい。色彩はまた、お互いに影響し合うはずだ。さもなければ不快に感じられるだろう」。

私は色に夢中なの。とりわけ、異なる色を組み合わせることで新たなものが生まれるという部分に。自然界では、これは当たり前に起きているのよ。だから私はいつも空や花や風景の色の変化に目をやるの。

5

ティーンのころの香りを感じると、文字どおりティーンエイジャーに戻った気分になる。

人生のそのときどきで、違った香水を纏ってきた。夫に出会って同じアパートに住み始めたころ思い起こす特別な香りは、とても居心地のよい人に出会えた安堵感を感じさせてくれるの。

This Week

things to see and do this week

今週見たい映画やアート、カルチャーイベント4選。

Read More

映画監督ウダ・ベンヤミナ、パリ郊外への固定概念へ挑む

今年、カンヌ国際映画祭でLa Caméra d’orを受賞した作品『Divines』、監督ウダ・ベンヤミナは、郊外とそこに生きるあくなき自由を夢見る人々を、新たな視点から観る者の感情に知覚的に訴えかける。

Read More

今注目すべき10人の女性アーティスト

新進からカラヴァッジオ派の宗教画家まで、時代を超えてインスピレーションを与えてきた女性アーティスト10人を紹介。

Read More

レジャーウェアのレディ、ニッキー・カーヴェルの世界

ニッキー・カーヴェルの作品がひも解くのは、明るく力強い世界。巨大でカラフルな立体作品と見事に調和したハイパーアクティブなステッカーは、私たちの眼前に失われた楽園の日々を浮かび上がらせる。

Read More

フレンチストリートアーティストKashinkが描く、アンドロジナスでフリースピリッツなカートゥーンたち

ストリート・アーティストKashink が描く特大のカートゥーンのような壁画は、これまで世界中で数々のパブリックな壁面を飾ってきた。パープルやグリーンの顔に4つの目玉といった彼女が生み出すキャラクターは、どれも人間の多様性を表現している。そんなKashinkが、人々をインスパイアすること、風変わりでいることや口髭を着けることについて、自身のマニフェストを示してくれた。

Read More

コンテンツ・クリエーター エミリー・オーバーグをとりまく5つの感覚

Complexのプロデューサーであり、また自身のライフスタイル・ブランドSporty & Richの創始者でもあるエミリー・オーバーグが、彼女の五感の世界観を語る。

Read More

流れに身を任せて

LAを拠点に活躍する映画監督、マリア・ジェームス。情熱を追い、1つもしくはいくつかの夢を叶え、そこに至るまでの道程に喜びを見出すことにかけて、彼女の右に出る者はいない。

Read More

感覚を駆使して表現を続ける、フルーティ・レディ

感覚がもたらす悦びの力をずっと知っていた南アフリカのアーティスト、レディ・スコリー。彼女の作品に欠かせないのは、かつて母が虜だったフルーツと、彼女が大切にしている“感覚”。

Read More

フォトグラファー、アダマ・ジャローが見据える景色

フォトグラファー、アダマ・ジャローがその名を知られるきっかけとなったのは、自身の人生をつまびらかに切り取った作品だった。彼女がレンズを向ける先に見える景色とは?

Read More
loading...