ランジェリーデザイナーを支える5つのモチベーション

フェミニンなデザインと革新的な色づかい。ランジェリーブランド〈dora larsen〉を手がける デザイナー、ジョージア・ラーセンのクリエイションを支えるのは、5つのモチベーションにあった。

ランジェリーの素材に、ストレッチが効いたチュールを使うのが大好き。とてもしなやかだから、世界一美しいシルエットで衣服にフィットするランジェリーがつくれるの。それにどこかモダンで洗練された雰囲気にもなる。それがまさに、私がもっとも魅了されている、ランジェリーの美学なのよ。

1

ランジェリーは最も自信につながるファッションプロダクトである。

私はいつも“かわいい”ものに惹かれてきたの。レースとか透け感のある生地には本能的に惹きつけられるわ。私の関心が特にランジェリーに向けられる主な理由もそこにあると思う。最初のブラのつくり方をまだ覚えているくらい! ブラがすごくほしかったんだけど、まだ必要ではなくて。買ったり、母に頼んだりするのは恥ずかしすぎたから、自分でつくっちゃったのよ。そのあと、すぐに大人になったような気がしたわ。

2

ブラをデザインするのは、エンジニアの仕事とどこか似ている。使用する素材はすべて完璧な伸縮性と強度を備え、正しい構造で組み立てられなければならない。

異素材を組み合わせるのが好きなの。例えば、スポーティな素材とフェミニンなレースをミックスしたりね。正反対の素材を組み合わせると、よりおもしろいものができることが多いのよ。伸縮性のあるチュール素材をランジェリーに使うのが大好き。すごく強いから、とても美しいシルエットをつくり出すことができるし、生地との相性も抜群なの。モダンで、けばけばしくなくて、私が一番好きなランジェリーのスタイルにぴったり合うのよ。

3

私が育った家庭はとてもクリエイティヴで、インスピレーションにあふれていた。

私の父はシュルレアルのアーティストだったから、家の中は作品やデザイン関連の本で埋め尽くされていたわ。ほかの家族も、ファッションデザイナーや建築家、家具デザイナーとか。つまり、明らかに遺伝的な何かがあるってわけ。

4

色に対する私の思いは、かつて読んだアンリ・マティスの言葉にすべて集約されている。「色をすべて取り出すことはできないが、他の色との対比は美しい。色彩はまた、お互いに影響し合うはずだ。さもなければ不快に感じられるだろう」。

私は色に夢中なの。とりわけ、異なる色を組み合わせることで新たなものが生まれるという部分に。自然界では、これは当たり前に起きているのよ。だから私はいつも空や花や風景の色の変化に目をやるの。

5

ティーンのころの香りを感じると、文字どおりティーンエイジャーに戻った気分になる。

人生のそのときどきで、違った香水を纏ってきた。夫に出会って同じアパートに住み始めたころ思い起こす特別な香りは、とても居心地のよい人に出会えた安堵感を感じさせてくれるの。

This Week

アーティスト、イ・ジョンの仄かなネオンに彩られた世界

人気がなく閑散とした空間にネオンでつくった文字を並べた、写真とインスタレーション。そうした作品を通して、イ・ジョンは“孤独感”と“忘れ去られた世界”を表現する。

Read More

伝統と革新 和漢洋折衷でアート&ファッションに切り込む

水墨画アーティストのCHiNPANが初の個展「BLACK WORK」を開催し、“人体と水墨画の融合”をテーマに制作した作品を展示した。多様な植物に囲まれた会場に、CHiNPANの和紙のテクスチャーや柔らかさ、墨の色は自然界とも溶け合っている。

Read More

パリ、ダンス界を魅了する、レティツィア・ガローニ

ここ数年にわたりパリ国立オペラの観客たちを魅了する、24歳のプリマ・バレリーナ、レティツィア・ガローニ(Letizia Galloni)。そんな彼女が、独学で学んだ少女時代から、彼女のダンス教育、そしてステージ上でのセンセーションに至るまでを、率直に気持ちよく語ってくれた。

Read More

ケイト・マクリーンがつくり出す香りの世界地図

人は、とかく視覚情報に頼りがちだ。自分の周囲の地図をつくるために犬はその鼻を使うが、人は紙に描かれた線を頼りに自らの進路を得る。地図は便利で有効な道具だが、同時に退屈でもある。紙の地図は人を目的地に導くことはできるものの、そこに行けばどんなことが起こるのかは教えてくれない。しかし、ケイト・マクリーンの作品は、その常識を覆してしまった。

Read More

嗅覚を目覚めさせる香りの芸術家クララ・ラヴァット

ベルリンはクロイツベルクの中心に位置するミクストメディアのイベントスペース〈スペクトラム〉で、月に一度開かれる会合〈スメル・ラボ〉。その創始者こそ、バルセロナが生んだ香りのアーティスト、クララ・ラヴァットだ。〈スメル・ラボ〉は香り愛好者たちのための実験的なワークショップで、香りの芸術科学を探求している。

Read More

モデル・中川えりな ミレニアル世代の民主主義に不可欠な5つのファクター

学生団体『SEALDs』の元メンバーであり、現在はカルチャーイベント『Making-Love Club』等を主催するモデルの中川えりな。女性ならではの視点で語る、彼女がいまのミレニアル世代に問いかけたいこと、民主主義について思うことについて聞いた。

Read More

アーティスト、アポロニア・ソコルが描くもの

過去と現代を行き来するフランス人アーティスト、アポロニア・ソコルが描く肖像は、過去の才能を現代のものへと昇華する。彼女の作品に投影される5つの信念とは。

Read More

ペニー・ゴーリングの詩「tower block 55」

ペニー・ゴーリングはロンドンを拠点とするアーティストであり、詩人でもある。カジュアルでありながら緻密という非凡な手法で「非常に注意深く間違えた」作品をつくりあげてきた。今回はそんなペニーについてもっとよく知ることのできるインタビューに加え、彼女が〈The Fifth Sense〉のために書き下ろした詩「tower block 55」を紹介する。

Read More

モデル・アーティストColliu、日常と作品を接続する5つの要素

モデルとして誌面を飾りながら、アーティストとしても活躍するColliu。ペインティング、オブジェ、インスタレーションなど様々なメディアを横断しながら創作活動を行う彼女の作品には、鑑賞者に作品を身近に感じてもらい、鑑賞者を楽しませたいというなによりの動機がある。5つの観点からその作風を紐解いた。

Read More
loading...