写真家、イレーネ・ドレーゼルの世界で響く5つの音

イレーネ・ドレーゼルは写真家であり、またミュージシャンとしても活動の幅を広げている。彼女のクリエーションを掘り下げるためのヒントは、彼女の世界に響く5つの刺激だった。

写真家でありミュージシャンでもあるイレーネ・ドレーゼル(Irène Drésel)。彼女が作る音楽は、エレクトロニカの音と官能的なテクノの音の間に位置する音世界であり、彼女が作り上げる写真は、その独自の音世界が表現された視覚的世界となっている。数年前、イレーネはパリの国立高等美術学校を卒業した。そのとき、彼女は、パリという街が放つロマンスの要素をあとに残し、田舎町へと引っ越した。その理由を、彼女は、「心もメロディも、豊かな自然の中でこそ自由に解き放たれるから」と語る。デビュー・アルバムのリリースを控えたイレーネ。彼女のうちなる世界に響く5つの刺激について教えてくれた。

1

私の作品は直感によって生み出されている

音楽づくりに関しては、ただ目を閉じてメロディが私を通して浮かび上がってくるのを待つ。写真では、私が日常で気づく自然の矛盾を捉えたいと考えている。

2

私が作った曲「Lutka」——この曲には、花や木々の香りの記憶が織り込まれている

ビデオではアニメーションを用いて、ユリやバラが花を咲かせるさまを描いた。デヴィッド・リンチが考案したスペースSilencioで舞台を上演したとき、フラワースタイリスト、エイミー・ハンフリー(Amy Humphrey)とコラボレーションし、演出でステージを生花で埋め尽くした。「Lutka」のインスピレーションは、花が持つ官能性と女性らしさの力——花が放つそんな力を、観客にも感じてもらいたいと思っての演出だった。

3

私の音楽は自然から生まれる——そして私は自然から力を得る

作曲の途中で、自分の耳が自分のものではないように感じるときがある。痺れたように耳が感動を誘発することができなくなると、私はベランダに出る。太陽の光を燦々と浴びて、心が安らぐ——ベランダは、そんなシェルターのような場所。私にとって、自然とは、尽きることなくインスピレーションをもたらしてくれる存在。自然の息吹のなかに生きていると言っても過言ではない。

4

聴くひとが、温かく抱きしめられているような感覚を得てくれるような音楽——そんな音世界を作りたい

音楽は、気持ちという無形のものを共有できる、不思議にして素晴らしいもの。落ち着いた気持ちから怒りの感情まで、さまざまな心の状態を共有することができ、だからこそ、聴けば孤独感が和らいだりする——できもしないのにベリーダンスが踊りたくなってしまったり(笑)

5

誰かと晩餐をともにできるとしたら、マリア・カラス(Maria Callas)と

20世紀に出現したオペラ歌手の中で、今にいたるまでもっとも尊敬を集めているマリア・カラス。影響を受けたアーティストは数知れず——あの音域はとにかくすごい。カラスがプッチーニの「O Mio Babbino Caro」をアカペラで歌うのを生で聴いてみたかった。きっと息もできないほどに感動するはず。

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...