ケリー・リー・オウエンスが刺激を受ける、5つの音

ロンドンを拠点として活動するミュージシャン兼プロデューサーであるケリー・リー・オウエンス。これまでの経験で培った感覚は、彼女のクリエイションに大きく影響している。そんな彼女の世界に刺激を与える、音楽の力とは?

ケリー・リー・オウエンス(Kelly Lee Owens)は、聴く者の感覚に直接働きかけ、また聴く者をどこか別の次元へと連れていってくれる音楽を作るミュージシャンだ。自身の名を冠したデビュー・アルバムに収められた曲の数々は、現実逃避をわたしたちに促してくる。真夜中に聴くのにぴったりな「Evolution」、ストリングスが美しい「Lucid」、ジェニー・ヴァル(Jenny Hval)とのコラボレーションで生み出された泡の沸き立つような音世界「Anxi.」などがその好例だ。ケリーは、ロンドンのレコードショップPure Grooveで働いていた20代前半、プロデューサーのダニエル・エイヴァリー(Daniel Avery)と出会った。エイヴァリーは「Drone Logic」のボーカルにケリーを迎え、それがケリーの音楽づくりのきっかけとなった。その後、ゴースト・カルチャー(Ghost Culture)のジェイムズ・グリーンウッド(James Greenwood)と数々のコラボレーションを果たしたケリーは、独自の音世界を追求。デビュー・アルバムではアルバム全体を自分でプロデュースした。大物アーティストの誕生を、今、私たちは目撃しているのだ。

ケリー・リー・オウエンスの5つの刺激を探ってみよう。

1

音楽が持つ癒しの力を知っている。

19歳のとき、がん病棟で働いていた。今わたしが生きているのとは正反対の世界のように思えるかもしれないけれど、実のところ音楽の世界とがん病棟の世界は同じ。がん患者のひとびとが化学治療や放射線治療を受けるのを見るだけでも辛かった。そういった治療はもちろん必要なのだけれど、患者さんが心に幸せを感じられる状態を探る手伝いも、大切な治療。音楽はそのひとつ。ガンが体に見つかったひとは、音楽をやってみたり、絵を描いてみたり、アート作品を作ってみたりすることを勧められるの。クリエイティビティと心の健康の間には密接な関係がある。アナイス・ニンが、「クリエイティビティは、自らを表現することができない。表現されないクリエイティビティが、狂気となる」と言っているけれど、私にはそれがよく理解できる。

2

XL Recordingsでインターンとして働いた日々を通して業界の仕組みを知ることができた——それがわたしにとってラッキーだった。

それまでは知ることのなかった世界に投げ込まれた。わたしはそうやって、知らない世界へと飛び込んでいくのが好きだ。レーベルXL Recordingsで働いたのは数週間だったけれど、わたしはあそこで音楽業界へと足を踏み入れることができたし、業界の仕組みを内側から見ることができた。あの経験が、今の今まで役立っているの。私だったら絶対に選ばない道を、ほかの人たちが選んで進んでいってしまうのを、これまでにたくさん見てきた。自分にとって何が大切なのかを見極められた時期だった。大きなレーベルと大きな契約を結んで、プロモーションをたくさんやらされて、メディアへ露出されていくことを選ぶか。それとも、自分に忠実な音世界を求めるアーティストとして、長い時間をかけて成長していきたいのか。たかだか20歳でリリースなんてしていたら、おそらくクズみたいな音楽しか作れなかったはず。

3

ジ・エックス・エックス(The xx)に、新しいサウンドを見た。

XL Recordingsでインターンとして働いていたとき、ジ・エックス・エックスがデビュー・アルバムを作っていたの。彼らにとって初のプロモ・シングルを作って、それをプロモーションする手伝いをしていたんだけれど、彼らはとてもシャイで、服装はゴス系で、わたしは内心、「XLは何でこのひとたちと契約したのかしら?」と思った。それまでわたしは彼らの音楽を聴いたことがなかったの。そこで、彼らが作ったCDを聴いてみた。聴いて納得したわ。スペースを感じさせ、広がりのある、あのサウンド。わたしがXLでのインターン期間を終えた日、ジ・エックス・エックスもアルバム制作を終えたの。XLでお世話になったスタッフに感謝の気持ちをとケーキを買って事務所に行くと、ロミー(Romy Madley Croft)がわたしのところへ来て、「わたしたちも食べていい?」って言うから、「あなたたちアルバム完成したんでしょ! ケーキでも食べてお祝いしましょう!」ってケーキを振る舞ったわ。

4

「きっと新しい音楽の作り方を見出すアーティストになるだろう」とずっと思っていた。

学校の食器棚に、西アフリカのドラム、ジャンベが40個ほど隠されているのを発見したことがあった。音楽の先生が、友人のためにということでそこに保管していたの。学校はそれを知らなかったんだけど、別に違法なことをしていたわけでもなく、ただ預かっていただけだった。わたしが、「アフリカン・ドラムの曲を作ってみたい」と言うと、先生は、「まあ……できるならやってみなさい!」と許可してくれた。そこでわたしは、50人ほどの演者を集めて、4セクションのドラム隊を作った。自分でも何をやっているのかわかっていなかったし、ドラムの経験があるひとは一握りで、ほかは全員がドラム未経験の素人だった。でも、みんなで即興の演奏をして、それをMD(ミニディスク)に録音したの。MDが最新技術だった時代の話。あのMDを探し出したいわ。

5

曲を書いているとき、わたしには音の周波が見える。

わたしには音が見える——といっても共感覚のような見え方ではないの。例えば、曲のイコライジングをしているときには、各音の周波がわかってしまう。違和感のある音が混じっていると、それがどこにあるかが視覚的にわかってしまうの。説明が難しいけど。わたしは直感を信じて音楽を作っているし、良いと思った方向性で音を突き詰めていくけれど、同時に、頭の中で積み木のように音楽を組み立てている。ひとつの音を作ったら、次に何をすべきかがすでに見えているの。

This Week

アーティスト、イ・ジョンの仄かなネオンに彩られた世界

人気がなく閑散とした空間にネオンでつくった文字を並べた、写真とインスタレーション。そうした作品を通して、イ・ジョンは“孤独感”と“忘れ去られた世界”を表現する。

Read More

伝統と革新 和漢洋折衷でアート&ファッションに切り込む

水墨画アーティストのCHiNPANが初の個展「BLACK WORK」を開催し、“人体と水墨画の融合”をテーマに制作した作品を展示した。多様な植物に囲まれた会場に、CHiNPANの和紙のテクスチャーや柔らかさ、墨の色は自然界とも溶け合っている。

Read More

パリ、ダンス界を魅了する、レティツィア・ガローニ

ここ数年にわたりパリ国立オペラの観客たちを魅了する、24歳のプリマ・バレリーナ、レティツィア・ガローニ(Letizia Galloni)。そんな彼女が、独学で学んだ少女時代から、彼女のダンス教育、そしてステージ上でのセンセーションに至るまでを、率直に気持ちよく語ってくれた。

Read More

ケイト・マクリーンがつくり出す香りの世界地図

人は、とかく視覚情報に頼りがちだ。自分の周囲の地図をつくるために犬はその鼻を使うが、人は紙に描かれた線を頼りに自らの進路を得る。地図は便利で有効な道具だが、同時に退屈でもある。紙の地図は人を目的地に導くことはできるものの、そこに行けばどんなことが起こるのかは教えてくれない。しかし、ケイト・マクリーンの作品は、その常識を覆してしまった。

Read More

嗅覚を目覚めさせる香りの芸術家クララ・ラヴァット

ベルリンはクロイツベルクの中心に位置するミクストメディアのイベントスペース〈スペクトラム〉で、月に一度開かれる会合〈スメル・ラボ〉。その創始者こそ、バルセロナが生んだ香りのアーティスト、クララ・ラヴァットだ。〈スメル・ラボ〉は香り愛好者たちのための実験的なワークショップで、香りの芸術科学を探求している。

Read More

モデル・中川えりな ミレニアル世代の民主主義に不可欠な5つのファクター

学生団体『SEALDs』の元メンバーであり、現在はカルチャーイベント『Making-Love Club』等を主催するモデルの中川えりな。女性ならではの視点で語る、彼女がいまのミレニアル世代に問いかけたいこと、民主主義について思うことについて聞いた。

Read More

アーティスト、アポロニア・ソコルが描くもの

過去と現代を行き来するフランス人アーティスト、アポロニア・ソコルが描く肖像は、過去の才能を現代のものへと昇華する。彼女の作品に投影される5つの信念とは。

Read More

ペニー・ゴーリングの詩「tower block 55」

ペニー・ゴーリングはロンドンを拠点とするアーティストであり、詩人でもある。カジュアルでありながら緻密という非凡な手法で「非常に注意深く間違えた」作品をつくりあげてきた。今回はそんなペニーについてもっとよく知ることのできるインタビューに加え、彼女が〈The Fifth Sense〉のために書き下ろした詩「tower block 55」を紹介する。

Read More

モデル・アーティストColliu、日常と作品を接続する5つの要素

モデルとして誌面を飾りながら、アーティストとしても活躍するColliu。ペインティング、オブジェ、インスタレーションなど様々なメディアを横断しながら創作活動を行う彼女の作品には、鑑賞者に作品を身近に感じてもらい、鑑賞者を楽しませたいというなによりの動機がある。5つの観点からその作風を紐解いた。

Read More
loading...