タマラ・ベルの世界を彩る五感

ロンドンベースのデニムブランド〈Burds〉のデザイナー兼共同創設者の日常。

冒険や自由を糧として生きるアクティヴな女性のためのブランド〈Burds〉。その生みの親は、デニム、レザー、そしてランジェリーをこよなく愛し、自らが語るストーリーを生きる2人の女性だ。バイク好きのコミュニティで出会い、フェミニンで着心地のよいウェアがどこにもないことに気づいたタマラ・ベルとエイムは、世界中を何千マイルもバイクで走破して得た自身の幅広い知識と経験を、女性の身体に映える、スタイリッシュでありながら、長く着られるタフさも備えた服づくりに生かすことを決めたのである。そのタマラが、今回、彼女の世界を彩る5つのコトについて教えてくれた。

1

デザイン中は音楽を聴く。

音楽を聴きながらあてどもなく歩いていると、たいていアイデアが湧いてくるの。はっきりした形というよりは、もっとコンセプトに近いアイデアね。ルックブック全体とか、1つのルックとか、色はどんなかとか、モデルはどんな感じかとか、1つのディテールとか、どんなリップをつけているかとか、そんなことが思い浮かぶわ。そしたら、バッグの中に入ってるレシートの裏に、必死でアイデアをまとめるの。

2

世界には、いくつか私にとってすごく重要な意味を持つスペシャルな場所があるの。家族が住んでいるコーンウォールのペンザンスも、その1つよ。

自分が望むほど行けないけれど、行ったときは本当にうれしいわ。海の香り、古き良きイギリスの気候、コーニッシュ・パブ、田舎風のりんご酒、そして暖炉のそばで眠りにつける我が家。

3

子供のころはリボンに夢中だった。

お母さんがおもちゃを買ってくれても、私の欲しいものは、それについてるリボンラベルだけだった。洗濯表示とかが書いてあるあれよ。だから最後には、お母さんはTシャツからタグを切って私にくれるようになったわ(笑)。私は素材をミックスするのが好きなの。繊細なシルクやレースを、よりハードでタフなデニムやレザーに合わせたりね。

4

私にとって、香りはいつも最高にノスタルジックな感覚。

ちょっと匂いや香りを嗅いだだけで、簡単に10年や20年前にタイムスリップできちゃう。2サイクルエンジンの匂いがすると、初めてバイクに乗るようになったときのことを思い出して胸騒ぎがするの。

5

昨年訪れたバリ島のエコービーチで、サーフィンを学んだこと。

ある晩、サーフボードに座って、次第に穏やかになる波間に日が沈むのを眺めていたの。すごく美しかった。目を見張るようなピンクとオレンジの中間色に染まった空。平穏だった。ロンドン育ちの私は、いつだってリラックス方法を模索しているの。意識して、活動を止め、心静かにしようとしているのよ。でもあの環境は、私が今まで身を置いた中で一番自然で穏やかだった。

This Week

タイムトラベルとアフロフューチャリズムが導く未来

ラシーダ・フィリップスとキャメイ・アイワの手によって生み出された、タイムトラベルとアフロフューチャリズムを駆使し、アートと音楽によって女性を鼓舞するコミュニティスペース〈Community Futures Lab〉の真相にせまる。

Read More

アイスランドが誇るガールズラッパー、レイキャヴィークルダエトゥール

レイキャヴィークルダエトゥールがやってくる!

Read More

香りの言語

おそらく、人間の持つ感覚で最も研ぎ澄まされているのは嗅覚だ。ある研究では、人は1兆もしくはもっと多くの香りを嗅ぎ分けられることが示されている。しかし、言語はそうした香りを限られた語彙の中でしか表現できない。

Read More

マネキン・アーティストFEMMを動かす5つのファクター

ラバー製の衣装を身にまとい、過激なラップに合わせてパフォーマンスする、2体の女性型マネキンからなるダンス&ラップ・デュオFEMM。新たなポップ・アイコンとして注目を集める彼女たちの、その特異なクリエイティビティを形作る要素とは一体何なのか?

Read More

香りを言葉で描く:作詞家、詩人、劇作家、作家、脚本家

“香り”はどのようにクリエイティヴィティを刺激し、その存在はどのように言葉で語られてきたのだろうか。作詞家、詩人、劇作家、作家、脚本家として活躍する5人の女性の香りのかかわりにクローズアップ。

Read More

ジャミラ・ジョンソン=スモールの自由奔放な身体表現

彼女自身の言葉を借りるなら、ジャミラ・ジョンソン=スモールがダンスを愛しているのは、それが「ラディカルかつ社会的な命題」だから。そして実際、そのラディカルな側面は、ジャミラ本人がステージのオンオフで見せる姿からもはっきりと浮かび上がってくる。

Read More

レバノンのナイトライフを彩るアンダーグラウンドな女性たち

かつては男たちだけだったレバノンの首都、ベイルートのクラブシーン。その世界にラディカルに分け入り、そのシーンを震撼させるアンダーグラウンドで活躍する女性たち5人に話を訊いた。

Read More

The Wisely Brothers、歌に乗せる彼女たちの想い

繊細で瑞々しい楽曲と自由で飾り気の無いライブパフォーマンスに人気急上昇中の3ピースガールズバンドThe Wisely Brothers。その懐っこい人柄は見る者を惹きつけ無防備にさせる、そんな不思議な魅力をもつ。

Read More

イエルサ・デイリー=ウォードによる詩〈香り〉

詩人、作家として活躍するイエルサ・デイリー=ウォードが、スポークン・ワード・ポエトリーに出会ったのは、南アフリカでのある夜のこと。そしてそれが、彼女の人生を変えることとなったのだ。

Read More
loading...