香りを言葉で描く:作詞家、詩人、劇作家、作家、脚本家

“香り”はどのようにクリエイティヴィティを刺激し、その存在はどのように言葉で語られてきたのだろうか。作詞家、詩人、劇作家、作家、脚本家として活躍する5人の女性の香りのかかわりにクローズアップ。

香りは感性を刺激する。場の雰囲気を変え、ある特定の場所への道しるべとなり、忘れかけていた記憶を呼び起こすパワーを秘めているのだ。人をメランコリックでノスタルジックな気分にし、その心を喜びで満たすこともできる。香りはどこにでもあるものだが、それを言葉で描写するのは簡単なことではない。香りはどのようにクリエイティヴィティを刺激し、その存在はどのように言葉で語られてきたのか。作詞家、詩人、劇作家、作家、脚本家として活躍する5人の女性に、その作品と香りのかかわりについて聞いた。

コシマ(Cosima):シンガーソングライター。昨年リリースされたデビューミックステープ『South Of Heaven』は、ヒットシングル「Girls Who Get Ready」と「Had To Feel Something」を収録。

「実際、香りは音楽と同じように、特定の感情と結びついて、過去のある瞬間に人を引き戻してしまうのよ」

モリー・デイヴィス(Molly Davies):劇作家、脚本家。彼女による2009年の『A Miracle』と2014年の『God Bless The Child』は、ともに〈ロイヤル・コート・シアター〉で上演された。現在は、ジュード・ロウが主催する〈Riff Raff Films〉のために、デボラ・ケイ・デイヴィスの小説『True Things About Me』をもとにした脚本を制作中。

「私の嗅覚はすごいのよ。実のところ、この感覚くらいしか満足に機能してないんじゃないかって思うわ」

ケイティ・カーン(Katie Khan):作家。小説『Hold Back The Stars』(Doubleday社刊)が発売中。

「登場人物の香りを描写するのは、もっと根本的なことよ。彼らから自然ににおい立つ香りを描写することで、さらに奥底にある性格を暴き出すことができるんだから」

クレア・ポラード(Clare Pollard):詩人。最新の詩集『Incarnation』が、2月23日に〈Bloodaxe Books〉社より刊行予定。

「香りってすごくインティメイトで直接的よね」

アンナ・マクガイア(Anna Maguire):脚本家、映画監督、女優。デイヴ・エガーズによる小説『Your Mother and I』の映画化作品が、最近ロンドン・ショート・ムーヴィー・フェスティバルで最優秀賞を受賞した。

「嗅覚と記憶の関係性で私が一番好きなのは、そういう部分なの。世の中にある、言葉ではっきりと表すことのできないもののひとつね。ひとたびこれが機能すると、音楽くらいしか対抗できないほどのパワーが発揮されるわ」

This Week

things to see and do this week

今週見たい映画やアート、カルチャーイベント4選。

Read More

映画監督ウダ・ベンヤミナ、パリ郊外への固定概念へ挑む

今年、カンヌ国際映画祭でLa Caméra d’orを受賞した作品『Divines』、監督ウダ・ベンヤミナは、郊外とそこに生きるあくなき自由を夢見る人々を、新たな視点から観る者の感情に知覚的に訴えかける。

Read More

今注目すべき10人の女性アーティスト

新進からカラヴァッジオ派の宗教画家まで、時代を超えてインスピレーションを与えてきた女性アーティスト10人を紹介。

Read More

レジャーウェアのレディ、ニッキー・カーヴェルの世界

ニッキー・カーヴェルの作品がひも解くのは、明るく力強い世界。巨大でカラフルな立体作品と見事に調和したハイパーアクティブなステッカーは、私たちの眼前に失われた楽園の日々を浮かび上がらせる。

Read More

フレンチストリートアーティストKashinkが描く、アンドロジナスでフリースピリッツなカートゥーンたち

ストリート・アーティストKashink が描く特大のカートゥーンのような壁画は、これまで世界中で数々のパブリックな壁面を飾ってきた。パープルやグリーンの顔に4つの目玉といった彼女が生み出すキャラクターは、どれも人間の多様性を表現している。そんなKashinkが、人々をインスパイアすること、風変わりでいることや口髭を着けることについて、自身のマニフェストを示してくれた。

Read More

コンテンツ・クリエーター エミリー・オーバーグをとりまく5つの感覚

Complexのプロデューサーであり、また自身のライフスタイル・ブランドSporty & Richの創始者でもあるエミリー・オーバーグが、彼女の五感の世界観を語る。

Read More

流れに身を任せて

LAを拠点に活躍する映画監督、マリア・ジェームス。情熱を追い、1つもしくはいくつかの夢を叶え、そこに至るまでの道程に喜びを見出すことにかけて、彼女の右に出る者はいない。

Read More

感覚を駆使して表現を続ける、フルーティ・レディ

感覚がもたらす悦びの力をずっと知っていた南アフリカのアーティスト、レディ・スコリー。彼女の作品に欠かせないのは、かつて母が虜だったフルーツと、彼女が大切にしている“感覚”。

Read More

フォトグラファー、アダマ・ジャローが見据える景色

フォトグラファー、アダマ・ジャローがその名を知られるきっかけとなったのは、自身の人生をつまびらかに切り取った作品だった。彼女がレンズを向ける先に見える景色とは?

Read More
loading...