平田春果が選ぶ女性アーティストのニュー・レコード5枚

今の音楽シーンの先陣を切り、新しいカルチャーを発信する原宿のレコード店『Big Love』。ショップを運営する平田春果がセレクトするのは、音はもちろん、ファッションやアートの観点からも独特なセンスが光る女性アーティストのニュー・レコード5枚。

1

SAPPHIRE SLOWS “The Role Of Purity” (Nous Disques)

若き東京代表音楽プロデューサー兼DJ。圧倒的にグローバルな音、目線、角度は唯一無二。海外レーベルからのリリースを基本とし、定期的な海外ツアー、欠かさない新譜レコード収集そしてDJプレイに注目している。そのルーティーンから生まれるアンビエント~エレクトロ~エクスペリメンタル~ポップ、あらゆるサウンドを自在に操り吐き出す彼女の力強さは、世界を目指す女性たちを常に鼓舞し続ける特別な存在。

@sapphireslows

2

NV “Binasu” LP (MIND Records)

ファッション、アートなど、あらゆる分野においてロシアカルチャーが台頭しているが、ミュージックシーンでもそれは顕著に現れている。NVことKate Shilonosovaもそれに代表する一人。大好きだという電車内でゲリラ撮影したユニークなMVでは白いTシャツにイエローのインナー、ブルーのサロペット、ピンクのソックスに白スニーカーと、シンプルながら細かなオシャレのヒントも与えてくれる。ロシアの荒涼さの薄まったポップさも◎。

@NV

3

SKY H1 “MOTION” (CODES)

ベルギーの音楽プロデューサー。トランス~グライム~エレクトロニックを自在に行き来する緩急自在なサウンド。このジャンルの女性プロデューサーでここまでの完成度はとても貴重。自身のスタイルも、ハイポニーに、シースルーのトップス、薄いメイクながらアイシャドウを金のグリッターでポイントにしていて、真似したくなるほどおしゃれ。朝昼晩、いつでもきゅっと気合を入れたい時に聴く。

4

KELLY LEE OWENS “Kelly Lee Owens” (Smalltown Supersound)

UKのプロデューサー。ロンドンのRough TradeやSister Rayなどのレコードショップでバイトしていた筋金入りのレコードラバー。アーサー・ラッセルへ捧げた楽曲「Arthur」はファッションショーでのランウェイミュージックとしても注目された。ロンドンガール気分のヴィンテージクローズにブーツをレイヤーして、曇り空と同化したい気分の日に聴きたいテクノ〜ドリーム〜ポップ。

@Kelly Lee Owens

5

ODWALLA88 “Fawns Are Dirty/Purr Hi” (Thunderzone)

LA在住のクロエ・マラッタとフラネリー・シルヴァからなるデュオ。言葉、音のコラージュ、サンプリング、電子ドラム……それらを継ぎ接ぎループさせていく独特のサウンドは音楽でありアート。自身のファッションにもそれは現れており、Tシャツのカスタムは当たり前、首にはラッピングのリボンをさりげなく巻いたりと、美学が統一されている。その独特のスタイルに、世界的ストリートブランドからもラブコールを受け、彼女たちデザインのコラボTシャツをリリースするほど。音的にとっつきやすくはないけれど、間違いなくここから新しいものが生まれている。

@chloe_elizabeth @whisperpinky

平田春果/アーティスト、キュレーター、翻訳家。1981年生東京、ギリシャ育ち。原宿で輸入レコード店『Big Love』を運営。zine作家、歌詞対訳をメインに翻訳家として、またギャラリースペースのキュレーター、イベントコーディネーターとしてマルチに活躍。LAと東京のアーティストの友人たちと共にファッションブランドも立ち上げた。

@haruka_biglove

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...