ジャブーがとらえた、ジェネレーションの視点と声

南アフリカ出身の写真家・映画監督、ジャブー・ナディア・ニューマン。その写真や映画、ウェブシリーズ〈The Foxy Five〉は、世間に見落とされがちなものを浮かび上がらせ、フェミニズムやセクシャリティ、政治や不正といったユニバーサルなテーマに光を当てるべく制作されている。

ジャブー・ナディア・ニューマン(Jabu Nadia Newman)が写真や映像をつくりたいという欲求にかられる理由は、その子供時代にあるという。写真がアートの一形態であることを理解し始めたのは、ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)やスパイス・ガールズ(the Spice Girls)が表紙を飾る雑誌を子供のころに読んだことがきっかけだった。物議をかもすデリケートな問題を映画にしたいという思いは、性というテーマをポジティヴかつカジュアルに扱ったラリー・クラーク(Larry Clark)の『KIDS/キッズ』を両親にすすめられて観た12歳のときに芽生えたそうだ。映画を学びの道具としてとらえるようになったのも、同じころだという。映画と写真の双方を通じ、メディアから見落とされたさまざまなものに光を当て、最終的には、観客それぞれが身近に感じられるものに仕上げるというのが、22歳になったジャブーの目標だ。

彼女の写真および映像作品、そしてウェブシリーズ〈The Foxy Five〉で多く取り上げられ、表現されるテーマは、フェミニズム、セクシュアリティ、そして政治の3つ。〈The Foxy Five〉は、5名の女性の話が交差する、南アフリカ流のフェミニスト番組だ。ジャブーがこれを書き始めたのは、高騰し続ける南アフリカ国内の教育費に対して行われた2015年のデモのさなか。番組はのちに、南アフリカの女性が話題にしているトピックを集めたアーカイヴに加えられた。「政治がとても身近であることや、南アフリカの若者がどんなに無関心であるかということを伝えたかったの」。ジャブーは番組について、そう話す。「黒人の女性たちに、彼女たち自身の見方でフェミニズムを理解してほしかったの。だから、誠実かつ正確に私たちの姿を描き出そうとしたわ」。政治や不正に対する絶望と落胆から、この番組を書き始めたジャブー。セクシュアリティ、ジェンダー、人種、階級や政治などに関するコンセプトやアイデアを練り上げるうちに、そうした感情は、いつしか彼女自身やほかの女性たちの物語をシェアすることへの情熱や力に変わっていった。

驚くにはあたらないが、ジャブーの目標は高い。「この世界に痕跡を残したくてたまらないの。影響を与えたいのよ。変革の火つけ役となることもいとわないわ。あえて語られてこなかった問題を、むしろ書きたいように書いて表現することで、足跡を残したい。自分が居心地悪くなるくらい赤裸々に書くため、そして自分の奥底に眠る黒い秘密をシェアしてほかの人の心を癒すためになら、物事に深く分け入り、自らの弱みをさらけ出してかまわない」。彼女自身がそう望まぬ限り、この優れた女性が今までになし得たことが世の関心を引かないなどということはなさそうだ。

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...