言葉を紡ぎ読む者を救う作家、西加奈子の5つの偏愛

彼女が描く世界をめくってゆけば、どこか遠く別世界に運んでもらっているような感覚を覚える。しかし、それはあくまでも現実と地続きで、それがゆえに目映く圧倒的な説得力として読む者に語りかける。いまの文学界を牽引する小説家の一人である、西加奈子の5つの偏愛とは。

1

猫のエキ

6年前に拾ったチャトラの猫です。「かわいい」と思う気持ちを通り越しています。彼のおかげで日々健やかでいられると思います。

2

チママンダ・ンゴズイ・アディーチェの『WE SHOULD ALL BE FEMINISTS』

アディーチェの大ファンで、時々読み返しています。聡明でキュートでユーモアに溢れた彼女の言葉にはいつも胸を掴まれます。

3

A TRIBE CALLED QUESTの全アルバム

十代のときも、二十代のときも、いつ聞いてもずっとかっこ良かったATCQ。きっと四十代でも六十代でも、百歳になっても聴くと思います。

4

プロレス

いついかなる状態のときに観に行っても、必ず元気と勇気をもらって帰って来ることが出来ます。

5

杉屋珈琲のコーヒー

何度飲んでも「お、美味しい・・・!」と驚きます。スーパー好みの味。豆から挽いて朝、昼、夕方、夜と四回飲みます。

西加奈子/1977年 テヘラン生まれ、カイロ・大阪育ち。2004年『あおい』でデビュー。2007年『通天閣』で織田作之助賞受賞。2013年『ふくわらい』で第一回河合隼雄物語賞を受賞。2015年『サラバ!』で第152回直木三十五賞を受賞。東京在住。

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...