動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

アルゼンチン出身の映画監督アゴスティーナ・カルヴェス(Agostina Galvez)の作品『Making Movement』に映し出されるのは、The Fifth Senseのために撮り下ろされた『Five Paradoxes』の舞台裏だ。ホリー・ブレイキー(Holly Blakey)、アヤ・サトウ(Aya Sato)、そしてプロジェクト・オーの名でデュオとして活動するジャミラ・ジョンソン=スモール(Jamila Johnson-Small)とアレキサンドリーナ・ヘムズリー(Alexandrina Hemsley)といったトップ女性コレオグラファーたちの視点から、ダンスの世界をとらえている。そのメソッド、そしてその身体から空間をつくり上げる様は、動きの面でも形式的にも、ひとりひとり異なるのだ。

子供のころ、すごく姿勢が悪かったの。母も同じだったから、それを直すために私にバレエを習わせたのよ。私ってすごく負けず嫌いだから、バレエをしていても、何かできないことがあるとすごくイライラしたわ。で、そのうち、今にみてろ!って感じになるの。この作品のコンセプトは、私たちみんなが持ってる二面性ーー強い部分と弱い部分ーー、そしてその2つが心の中でどう葛藤するかということ。そのパラドックスをダンスで表現しているの。人生でもダンスでも、私は自分の直感に従う。そうすることで、感じるままに生きるのよ。ダンスも同じ。ぜんぶ自分がやりたいようにやるの。
ダンスをすることで、本来の自分になるような気がするわ。このアートは私にとってとても大切なもの。いつもダンスをしたいって思ってたわ。これほど打ち込める何かがあれば、それは何にでもなる。自分なりにやっていける道を見つけることができるはずよ。私も自分自身に心の底から正直になることで、そういう道を見つけられたんだと思う。真実が入った小さな箱を開けながら考えていくうちに、動きという表現を見つけたの。自分自身の本質的な部分に対する答えを得たと感じたわ。たぶんこれが、自分自身に正直になるってことなのかも。ダンスが難しくて、でも美しいのは、身体、心、そしてもちろん表現がすべてだから。私にとってダンスとは、動きをつくり出すために、感覚的に身体と向き合うことなの。
動きの表現を高めることにこだわったわけじゃないと思う。それより、構成をどう描き出し、伝えていくかということの方が重要だったわ。動きを一緒に構造化したあと、それぞれの動きを練習するの。そうするとヒントを得ることができたり、自分たちがつくり出そうとしていた空間や、プロジェクト・オー自体をかたちづくるものになったりするのよ。
母親がバレリーナだったから、バレエがどんなものかはわかっていたわ。でも、ダンスみたいなことをしたいとはそんなに思ってなかった。高校でダンスを始めるまでは。踊っているときは、誰か特定の人物を頭の中に思い描くことはないわ。ただ踊りたいの。私はダンサーだし、音楽に合わせて踊れば、誰でもダンサーになれると思う。ルールなんてないもの。なんでもしたいことができる。だって、私はずっとそうやってきたもの。今もね。

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...