芸術家とアイドルの境を越えるマコ・プリンシパルの魔法

芸術家とアイドル、二つの表現者としての顔を持つマコ・プリンシパル。絵画やインスタレーションなど様々な表現方法で作品を発表し続ける彼女のクリエーションに欠かせない要素は、彼女独特のものだった。

ナマコプリ(namakopuri)SUSHI PARTY ft. Masayoshi Iimori


1

変身

私には“変身”する瞬間があるんです。マコ・プリンシパルとしてアーティストになり、音楽活動のユニットでは「ナマコプリ」としてアイドルになります。私の中では、どちらも大切な“表現者”としての姿形だと思っています。「アーティストとしての表現」と「アイドルとしての表現」は、どちらも自分の思いを届けるための大切な瞬間です。美術の表現と変わらないイメージで、アイドルとして、「作品の一部になる」という感覚をもっています。絵の世界は、自分の脳内に広がる世界を切り取って、その一部を映し出したものです。

2

魔法

アニメが大好きで、小さい頃からずっと観ていました。特に、『魔法の天使クリィミーマミ』が大のお気に入り。前述したナマコプリの原点であり、アーティストとしての絵の世界観、思い描いたアイドル像としても、強い影響を受けたアニメです。二匹の猫の姿を借りた使い魔のキャラクターや、心の美しさから魔法を与えられる主人公にずっと憧れていました。物心ついた頃から魔法少女になりたいと願い続け、結局この世界に魔法は無かったけれど……。アーティストとして、アイドルとして、誰かのハートをキラキラさせることができれば、それ自体が魔法になると気がついたのです。いまでも、そしてきっとこれから先も、夢や希望を与える存在でありたいという思いは消えないと思います。

恋するフォーチュンクッキー ギャルニカ!ver.

3

女の子

芸大の先輩で美術作家である松田修さんに、「マコちゃんがつくっている世界は、正に“ネオレズビアン”だね」と言われた事があります。私の作品には、“少女性”としての女性をモチーフにした作品が多いんです。この感覚は、自分の中である種の理想郷として存在しています。女性アーティストのみでイベントもよくやっていて、男性意識の「モテ」願望は特にないのですが、「老若男女生きとし生けるもの全てに届けっ!」と、常に思っています。男性が存在しない世界は、独特な異常性がありそこでしか生まれないが面白さがある、そう感じています。ちなみに、ネオレズビアンはその友人がつくった造語です。

4

ヒーロー

おじいちゃんがヒーローアニメの作曲家だったこともあり、幼い頃から「マジンガーZ」などのアニメに触れて育ちました。あとは、「スーパーマン」「バットマン」等アメコミの影響もありますね。「セーラームーン」も考え方として、ものすごく憧れました。色んなヒーローとおじいちゃん(おじいちゃんもヒーローだけど)のおかげで、小さい頃から正義感が強かったんです。愛とアートと音楽で世界を救う、それが今も変わらない私の夢ですね。Chim↑Pomのエリイちゃんに「ジャンヌ・ダルクになったらいいよ」と言われたことがあって、それを体現したいです。

5

自由

常識とか、何かに捉われると、窒息しそうになり、なにもつくれなくなります。いつも感覚的に自由に生きていきたいです。常に自由につき進み“マコプリ”がキラキラし続けている事が、見えない誰かの希望になるかも……そう信じています。ジャンヌ・ダルクであり、自由の女神でもありたい!アーティストやアイドルとして、表現活動を行っているときの自分の姿こそが、自由の象徴なんです。

マコ・プリンシパル/東京芸術大学油画専攻卒業・同大学院版画専攻卒業。脳内世界を切り取り、絵画、写真、インスタレーションなど様々な作品を発表している。2013年から芸術家アイドルユニット『ナマコプリ』として音楽活動も開始。2016年8月にはナマコプリ初のCDアルバム「アートの神様」をリリース。世知辛い世の中、ジャンルにとらわれないガーリーで煌めく“マコプリワールド”を表現する。

Instagram:@makopuri

oiranmusic.com/namakopuri

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...