至極感覚的な組合せの美を追求する、佐野方美の作品世界

写真家・佐野方美は、日常に潜んだ自身が感覚的に美しいと認めるモノや情景を静かに切り取る。その極めてパーソナルな写真は一見とりとめの無い集合体に思われるが、様々な手法、組み合わせの妙によって独特の彩色を放ち、めくるめくほど発光する。

恵比寿のギャラリー「AL」にて、先日まで開催されていた彼女の個展「SLASH」に足を運んだ。同名の写真集を記念したこの個展では、前述の写真集が先行発売されている。ギャラリー内の壁に掛けられた作品、写真集に掲載された作品それぞれを見つめながら、彼女の作品について極めてパーソナルな視点で、本人に語ってもらった。「写真家って名乗ったら怒られるかも」と、控えめに照れ笑いを浮かべる彼女の独特の作家性を垣間みる5つのヒントがこちらだ。

1

パンとフィルム

「モノだけで世界観を創る」ということにずっと挑戦している気持ちがあります。作り込み過ぎずに、ポップに大胆に、特定の意味をもたせない。おそらく“コンセプチュアル”とは、一番遠い世界で写真を撮り続けていると思います。具体例を挙げるなら、この写真。ある日、海外でのシューティングから帰国して自宅に帰ると、捨てないで置いてあった2枚の食パンを発見。そういえば食べきれてなかった。やや細長くて薄くてフォルムが美しい、いつも食べているお気に入りの食パン。だけど、こう時間が経ってしまったら、食べるには固い。そこで、そのまま捨てるのももったいないなと、その場でフローリングにアルミを敷いて、固くなった食パンを置いた。食パンの中央、白く一番甘い部分にこちらもお気に入りのブローニーフィルムを挿した。Kodak PROTRA 800。こんな感じで私がカメラを構える時は、ロジックよりもフィーリングが先行します。

2

組み合わせる

写真を撮る時は、一枚絵で成り立つものを考えていません。例えば、この3枚の写真も、組み合わせて並べ立てることで、ひとつの作品が完成する、そういうふうに私は捉えています。ポスターや漫画などのイメージに近いのかな。もちろん、写真を撮るっていうモチベーションのベースは「何よりも写真が大好きだ」という愛なんですけど。撮るだけじゃなくて、写真と写真を組み合わせることも大好きな作業ですね。

3

テーマよりも

テーマやロジックよりも、物のフォルムだったり、質感だったり、シルエットを大切にしています。それは、ここ20年くらい撮り続けているための、職業病というか、癖というか、言うなれば趣味みたいなものですね。この寄りの植木の写真も、同じ写真を大きさだけ変えて前後に2枚重ねています。一枚ではしっくりこなくて、重複させることで自分の中では気持ちいいフォルムに収めることができました。

4

コラージュ感覚

これも、この組み合わせでひとつの作品です。モノクロのコントラストの強いイメージは、以前から撮り続けているもので、仕事とは別で撮るローな温度だからこそ切り取れるものがあるのかなって思います。物をスナップする感覚です。

5

レイヤード

今回の展示では、作品写真にOHPフィルムをレイヤードした表現にも挑戦。この重ねるという手法を用いてつくった作品も、グラフィカルですごく手応えがあるというか、自分自身で、眺めていて壮快さを感じる表現です。写真集のために撮り下ろしたものと撮り貯めていたものを、パズルのように組み合わせること、出合わせることは、この上なく楽しい作業です。展示会には、OHPフィルムの他にトレーシングペーパーを使用したものもあります。

佐野方美/www.masamisano.com/ファッション誌、ファッションブランドのカタログ・広告、CDジャケットなど、コマーシャルフォトで活躍を続けるフォトグラファー。現在、ギャラリー「AL」にて、自身初の写真集「SLASH」の刊行を記念した個展が開催中。2月14日には、同写真集が一般発売される。

This Week

things to see and do this week

今週見たい映画やアート、カルチャーイベント4選。

Read More

映画監督ウダ・ベンヤミナ、パリ郊外への固定概念へ挑む

今年、カンヌ国際映画祭でLa Caméra d’orを受賞した作品『Divines』、監督ウダ・ベンヤミナは、郊外とそこに生きるあくなき自由を夢見る人々を、新たな視点から観る者の感情に知覚的に訴えかける。

Read More

今注目すべき10人の女性アーティスト

新進からカラヴァッジオ派の宗教画家まで、時代を超えてインスピレーションを与えてきた女性アーティスト10人を紹介。

Read More

レジャーウェアのレディ、ニッキー・カーヴェルの世界

ニッキー・カーヴェルの作品がひも解くのは、明るく力強い世界。巨大でカラフルな立体作品と見事に調和したハイパーアクティブなステッカーは、私たちの眼前に失われた楽園の日々を浮かび上がらせる。

Read More

フレンチストリートアーティストKashinkが描く、アンドロジナスでフリースピリッツなカートゥーンたち

ストリート・アーティストKashink が描く特大のカートゥーンのような壁画は、これまで世界中で数々のパブリックな壁面を飾ってきた。パープルやグリーンの顔に4つの目玉といった彼女が生み出すキャラクターは、どれも人間の多様性を表現している。そんなKashinkが、人々をインスパイアすること、風変わりでいることや口髭を着けることについて、自身のマニフェストを示してくれた。

Read More

コンテンツ・クリエーター エミリー・オーバーグをとりまく5つの感覚

Complexのプロデューサーであり、また自身のライフスタイル・ブランドSporty & Richの創始者でもあるエミリー・オーバーグが、彼女の五感の世界観を語る。

Read More

流れに身を任せて

LAを拠点に活躍する映画監督、マリア・ジェームス。情熱を追い、1つもしくはいくつかの夢を叶え、そこに至るまでの道程に喜びを見出すことにかけて、彼女の右に出る者はいない。

Read More

感覚を駆使して表現を続ける、フルーティ・レディ

感覚がもたらす悦びの力をずっと知っていた南アフリカのアーティスト、レディ・スコリー。彼女の作品に欠かせないのは、かつて母が虜だったフルーツと、彼女が大切にしている“感覚”。

Read More

フォトグラファー、アダマ・ジャローが見据える景色

フォトグラファー、アダマ・ジャローがその名を知られるきっかけとなったのは、自身の人生をつまびらかに切り取った作品だった。彼女がレンズを向ける先に見える景色とは?

Read More
loading...