至極感覚的な組合せの美を追求する、佐野方美の作品世界

写真家・佐野方美は、日常に潜んだ自身が感覚的に美しいと認めるモノや情景を静かに切り取る。その極めてパーソナルな写真は一見とりとめの無い集合体に思われるが、様々な手法、組み合わせの妙によって独特の彩色を放ち、めくるめくほど発光する。

恵比寿のギャラリー「AL」にて、先日まで開催されていた彼女の個展「SLASH」に足を運んだ。同名の写真集を記念したこの個展では、前述の写真集が先行発売されている。ギャラリー内の壁に掛けられた作品、写真集に掲載された作品それぞれを見つめながら、彼女の作品について極めてパーソナルな視点で、本人に語ってもらった。「写真家って名乗ったら怒られるかも」と、控えめに照れ笑いを浮かべる彼女の独特の作家性を垣間みる5つのヒントがこちらだ。

1

パンとフィルム

「モノだけで世界観を創る」ということにずっと挑戦している気持ちがあります。作り込み過ぎずに、ポップに大胆に、特定の意味をもたせない。おそらく“コンセプチュアル”とは、一番遠い世界で写真を撮り続けていると思います。具体例を挙げるなら、この写真。ある日、海外でのシューティングから帰国して自宅に帰ると、捨てないで置いてあった2枚の食パンを発見。そういえば食べきれてなかった。やや細長くて薄くてフォルムが美しい、いつも食べているお気に入りの食パン。だけど、こう時間が経ってしまったら、食べるには固い。そこで、そのまま捨てるのももったいないなと、その場でフローリングにアルミを敷いて、固くなった食パンを置いた。食パンの中央、白く一番甘い部分にこちらもお気に入りのブローニーフィルムを挿した。Kodak PROTRA 800。こんな感じで私がカメラを構える時は、ロジックよりもフィーリングが先行します。

2

組み合わせる

写真を撮る時は、一枚絵で成り立つものを考えていません。例えば、この3枚の写真も、組み合わせて並べ立てることで、ひとつの作品が完成する、そういうふうに私は捉えています。ポスターや漫画などのイメージに近いのかな。もちろん、写真を撮るっていうモチベーションのベースは「何よりも写真が大好きだ」という愛なんですけど。撮るだけじゃなくて、写真と写真を組み合わせることも大好きな作業ですね。

3

テーマよりも

テーマやロジックよりも、物のフォルムだったり、質感だったり、シルエットを大切にしています。それは、ここ20年くらい撮り続けているための、職業病というか、癖というか、言うなれば趣味みたいなものですね。この寄りの植木の写真も、同じ写真を大きさだけ変えて前後に2枚重ねています。一枚ではしっくりこなくて、重複させることで自分の中では気持ちいいフォルムに収めることができました。

4

コラージュ感覚

これも、この組み合わせでひとつの作品です。モノクロのコントラストの強いイメージは、以前から撮り続けているもので、仕事とは別で撮るローな温度だからこそ切り取れるものがあるのかなって思います。物をスナップする感覚です。

5

レイヤード

今回の展示では、作品写真にOHPフィルムをレイヤードした表現にも挑戦。この重ねるという手法を用いてつくった作品も、グラフィカルですごく手応えがあるというか、自分自身で、眺めていて壮快さを感じる表現です。写真集のために撮り下ろしたものと撮り貯めていたものを、パズルのように組み合わせること、出合わせることは、この上なく楽しい作業です。展示会には、OHPフィルムの他にトレーシングペーパーを使用したものもあります。

佐野方美/www.masamisano.com/ファッション誌、ファッションブランドのカタログ・広告、CDジャケットなど、コマーシャルフォトで活躍を続けるフォトグラファー。現在、ギャラリー「AL」にて、自身初の写真集「SLASH」の刊行を記念した個展が開催中。2月14日には、同写真集が一般発売される。

This Week

アーティスト、イ・ジョンの仄かなネオンに彩られた世界

人気がなく閑散とした空間にネオンでつくった文字を並べた、写真とインスタレーション。そうした作品を通して、イ・ジョンは“孤独感”と“忘れ去られた世界”を表現する。

Read More

伝統と革新 和漢洋折衷でアート&ファッションに切り込む

水墨画アーティストのCHiNPANが初の個展「BLACK WORK」を開催し、“人体と水墨画の融合”をテーマに制作した作品を展示した。多様な植物に囲まれた会場に、CHiNPANの和紙のテクスチャーや柔らかさ、墨の色は自然界とも溶け合っている。

Read More

パリ、ダンス界を魅了する、レティツィア・ガローニ

ここ数年にわたりパリ国立オペラの観客たちを魅了する、24歳のプリマ・バレリーナ、レティツィア・ガローニ(Letizia Galloni)。そんな彼女が、独学で学んだ少女時代から、彼女のダンス教育、そしてステージ上でのセンセーションに至るまでを、率直に気持ちよく語ってくれた。

Read More

ケイト・マクリーンがつくり出す香りの世界地図

人は、とかく視覚情報に頼りがちだ。自分の周囲の地図をつくるために犬はその鼻を使うが、人は紙に描かれた線を頼りに自らの進路を得る。地図は便利で有効な道具だが、同時に退屈でもある。紙の地図は人を目的地に導くことはできるものの、そこに行けばどんなことが起こるのかは教えてくれない。しかし、ケイト・マクリーンの作品は、その常識を覆してしまった。

Read More

嗅覚を目覚めさせる香りの芸術家クララ・ラヴァット

ベルリンはクロイツベルクの中心に位置するミクストメディアのイベントスペース〈スペクトラム〉で、月に一度開かれる会合〈スメル・ラボ〉。その創始者こそ、バルセロナが生んだ香りのアーティスト、クララ・ラヴァットだ。〈スメル・ラボ〉は香り愛好者たちのための実験的なワークショップで、香りの芸術科学を探求している。

Read More

モデル・中川えりな ミレニアル世代の民主主義に不可欠な5つのファクター

学生団体『SEALDs』の元メンバーであり、現在はカルチャーイベント『Making-Love Club』等を主催するモデルの中川えりな。女性ならではの視点で語る、彼女がいまのミレニアル世代に問いかけたいこと、民主主義について思うことについて聞いた。

Read More

アーティスト、アポロニア・ソコルが描くもの

過去と現代を行き来するフランス人アーティスト、アポロニア・ソコルが描く肖像は、過去の才能を現代のものへと昇華する。彼女の作品に投影される5つの信念とは。

Read More

ペニー・ゴーリングの詩「tower block 55」

ペニー・ゴーリングはロンドンを拠点とするアーティストであり、詩人でもある。カジュアルでありながら緻密という非凡な手法で「非常に注意深く間違えた」作品をつくりあげてきた。今回はそんなペニーについてもっとよく知ることのできるインタビューに加え、彼女が〈The Fifth Sense〉のために書き下ろした詩「tower block 55」を紹介する。

Read More

モデル・アーティストColliu、日常と作品を接続する5つの要素

モデルとして誌面を飾りながら、アーティストとしても活躍するColliu。ペインティング、オブジェ、インスタレーションなど様々なメディアを横断しながら創作活動を行う彼女の作品には、鑑賞者に作品を身近に感じてもらい、鑑賞者を楽しませたいというなによりの動機がある。5つの観点からその作風を紐解いた。

Read More
loading...