今しかないこの瞬間を映し出す、ミレニアル世代の肖像

フォトグラファー、そして現役の女子高生でもある石田真澄が切り取るのは、何気なくも美しい、彼女の中で流れる日常の光景。今回、「THE FIFTH SENSE」のために、彼女のフィルターを通して切り取られた写真を撮りおろしてくれた。

“新進気鋭”あるいは“ダイヤの原石”というべきか。彼女には、いまだどれほどの可能性があるか計り知れない。フォトグラファーとして活動する傍ら、残りわずかとなった女子高生としての日々を淡々と送る石田真澄。彼女に会ったのは、世の中がせわしく過ぎていく師走のある日だった。高校の制服をまとい、日本史の教材を片手に集合場所で待っている女の子を見て、この子が石田真澄だと直感でわかった。受験勉強中だというから、いつか自分が経験したあの頃を思い出す。

「ちょうど受験もあるので、このお話をいただいたときはどうしようか迷ったんですけど、やらないで後悔するのは嫌だなって思って。お母さんにも相談して、やるって決めたんです」。そう語る彼女の表情からは、あどけなさと同時にやる気に溢れた若いエネルギーが感じられた。

被写体に選ぶのは、ほとんどが彼女の友人で、どの写真も楽しくポジティブなオーラがある。実際、一緒にいて楽しい時間を過ごせる友達を撮りたくなるという。「学校以外にも、インスタで知り合った友達もいます。私の投稿にコメントをしてくれてから仲良くなって、実際に会って写真を撮らせてもらったり。学校では出会えない人たちにも会えるので楽しいです」。SNSを駆使する、まさに“ミレニアル世代”を象徴するフォトグラファーだ。

「あまり高いものは買えないから」と見せてくれたのは、中古で4,000円だったというコンパクトフィルムカメラ。ここから、ノスタルジックかつどこか儚く切ない景色が切り取られる。「カメラは他にも、一眼レフも使いますし、写ルンですで撮ることも。GOKOのカメラは、フォトグラファーの(東海林)広太さんにもらいました」。被写体が構えないように、コンパクトカメラで撮るのがちょうどいいと語る様子から、ガジェットに頼りすぎず、自分の気持ちと正直に向き合い、写真を撮る姿勢が伺える。

「もうなくなってしまったけど、授業中のおしゃべりと、休み時間にふざけて大声で笑うこと」が学校での楽しみだったという彼女。それを聞いた大人たちは、自分の過去を懐かしみ「あの頃はよかった」と口にするだろう。未来への可能性を秘めた彼女の写真を見て、ノスタルジーを感じ、“高校生”という時期が、人生でいちばん輝いていていたように称賛する。その声は、ある意味で彼女が抱く未来への希望を挫き、反骨精神を助長させる。だからこそ彼女は、今しかない何気ない日常を一歩引いたところから観察し、さらに素晴らしいものと再解釈してシャッターを押す。

大学に進学するという彼女に、写真や芸術の道へ進むのか尋ねると、「写真はこれからも撮っていきたいと思うんですけど、大学では違うことを学ぼうと思っています。それに、写真やアートを学んでいる人たちにずっと囲まれているのは、自分に合っていない気がして」。一つの道に縛られず、自由に柔軟に、広い視野を持って進んで行くことこそが、若さゆえにできることなのかもしれない。

「将来どんな仕事をすることになっても、何かを作り上げるということがしたいです。それに、画面上でなく、実際に私の写真を見てもらいたいです。会いたいと思う人は、みんな撮りたいです」。明るい未来への展望もしっかりと持っている。

石田はこう綴る。

「いつか消えてしまうこの全能力は、一歩離れてみないと自分が持っていることも、輝いているという素晴らしさにも気づくことができません。

一度この存在を知ってしまうと、同時に消費期限があることも気づいてしまいます。

 私たちのことを見て“あの頃は良かったな キラキラしてたな”と言われるたびに、

歳を重ねていくことがこわくて 存分に楽しめているのかなという不安が常にあります。

でも、記憶の記録をすることで安心できると分かってから、

その記録方法として 絵でも文章でも音楽でもなくて 私は写真を撮っています」

石田真澄

1998年生まれ。高校生、写真家。

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...