モニカ・ガルザが描く女性のフォルム

モニカ・ガルザは、メキシコ人と韓国人の血を引く画家。自らのイメージと文化をベースに描かれる彼女の作品は、臆することなく体いっぱいに生を表現する女性たちと、そんな女性たちが世界におよぼす影響を力強く表現している。

陽気な女性キャラクターたちがキャンバスいっぱいに文字どおり踊り、戯れ、サーフィンをし、横たわる——そんなモニカ・ガルザ(Monica Garza)の油絵は、とても特徴的だ。アメリカはニューメキシコ州のアラモゴードに生まれ、ジョージア州のワーナー・ロビンスという小さな町に育ったモニカ。ニューヨーク州の私立シラキュース大学で油絵とドローイングを学び、のちにサンフランシスコのカリフォルニア美術大学へと転校した。2010年に同大学を卒業すると、モニカは3年の間、働いたり旅行をしたりして過ごした。この時期に得た人生経験は、彼女に学校での勉強より多くのインスピレーションをもたらしたという。人生勉強の期間を終えるとアートの世界へと自然に引き戻され、現在では油絵に加えて陶芸や彫刻も手がけているモニカは、幾何学模様と鮮やかな色彩を使って彼女自身の文化や人生経験、そして彼女が知るさまざまな女体の形を描き、讃えている。

モニカ・ガルザはこう語る。

「これら女性キャラクターを作り出したのは、わたしがまだ大学で勉強をしていたころ——わたしが見てきたものをわたしの視点から描こうと思いました。わたしの生い立ち、そしてわたしが女性であるということが、なによりも私が作品で描きたいこと。わたしは、象形文字や古代マヤ文明、アメリカ先住民アートに興味があって、そこに端を発して幾何学模様に強く惹かれます。それがわたしの作品にも繊細に織り込まれている——でも、そういった要素を意図して織り込んだつもりはないんです。それがわたしという存在の一部だから、滲み出てしまっているのだと思います。古代文明に生まれた芸術への興味が、わたしの裸婦作品に大きな影響をおよぼしています。裸婦像は美術史において常にもてはやされてきたものだから、女性の裸を描くことに格段の思いを持っていたわけでもなく、もはやヌードをヌードとも思わない自分がいます……ギュスターヴ・クールベ(Gustav Courbet)や、アルテミジア・ジェンティレスキ(Artemisia Gentileschi)といった、女性がくつろいでいる状態を美しく描いた画家を尊敬しています。女性の体が描く、円や四角、長方形といったシェイプが好き。自然が大好きで、そこには女性の体と同様に、そういったシェイプが満ちている。人間の形がお互いに影響しあったり、ほかの物体と影響しあったりして、そこに偶然のシェイプを作り出すのを見るのが大好きです。そして絵ではそれを隠すことができる——それを楽しんでいます」

女性の体が描く、円や四角、長方形といったシェイプが好き。

This Week

アーティスト、イ・ジョンの仄かなネオンに彩られた世界

人気がなく閑散とした空間にネオンでつくった文字を並べた、写真とインスタレーション。そうした作品を通して、イ・ジョンは“孤独感”と“忘れ去られた世界”を表現する。

Read More

伝統と革新 和漢洋折衷でアート&ファッションに切り込む

水墨画アーティストのCHiNPANが初の個展「BLACK WORK」を開催し、“人体と水墨画の融合”をテーマに制作した作品を展示した。多様な植物に囲まれた会場に、CHiNPANの和紙のテクスチャーや柔らかさ、墨の色は自然界とも溶け合っている。

Read More

パリ、ダンス界を魅了する、レティツィア・ガローニ

ここ数年にわたりパリ国立オペラの観客たちを魅了する、24歳のプリマ・バレリーナ、レティツィア・ガローニ(Letizia Galloni)。そんな彼女が、独学で学んだ少女時代から、彼女のダンス教育、そしてステージ上でのセンセーションに至るまでを、率直に気持ちよく語ってくれた。

Read More

ケイト・マクリーンがつくり出す香りの世界地図

人は、とかく視覚情報に頼りがちだ。自分の周囲の地図をつくるために犬はその鼻を使うが、人は紙に描かれた線を頼りに自らの進路を得る。地図は便利で有効な道具だが、同時に退屈でもある。紙の地図は人を目的地に導くことはできるものの、そこに行けばどんなことが起こるのかは教えてくれない。しかし、ケイト・マクリーンの作品は、その常識を覆してしまった。

Read More

嗅覚を目覚めさせる香りの芸術家クララ・ラヴァット

ベルリンはクロイツベルクの中心に位置するミクストメディアのイベントスペース〈スペクトラム〉で、月に一度開かれる会合〈スメル・ラボ〉。その創始者こそ、バルセロナが生んだ香りのアーティスト、クララ・ラヴァットだ。〈スメル・ラボ〉は香り愛好者たちのための実験的なワークショップで、香りの芸術科学を探求している。

Read More

モデル・中川えりな ミレニアル世代の民主主義に不可欠な5つのファクター

学生団体『SEALDs』の元メンバーであり、現在はカルチャーイベント『Making-Love Club』等を主催するモデルの中川えりな。女性ならではの視点で語る、彼女がいまのミレニアル世代に問いかけたいこと、民主主義について思うことについて聞いた。

Read More

アーティスト、アポロニア・ソコルが描くもの

過去と現代を行き来するフランス人アーティスト、アポロニア・ソコルが描く肖像は、過去の才能を現代のものへと昇華する。彼女の作品に投影される5つの信念とは。

Read More

ペニー・ゴーリングの詩「tower block 55」

ペニー・ゴーリングはロンドンを拠点とするアーティストであり、詩人でもある。カジュアルでありながら緻密という非凡な手法で「非常に注意深く間違えた」作品をつくりあげてきた。今回はそんなペニーについてもっとよく知ることのできるインタビューに加え、彼女が〈The Fifth Sense〉のために書き下ろした詩「tower block 55」を紹介する。

Read More

モデル・アーティストColliu、日常と作品を接続する5つの要素

モデルとして誌面を飾りながら、アーティストとしても活躍するColliu。ペインティング、オブジェ、インスタレーションなど様々なメディアを横断しながら創作活動を行う彼女の作品には、鑑賞者に作品を身近に感じてもらい、鑑賞者を楽しませたいというなによりの動機がある。5つの観点からその作風を紐解いた。

Read More
loading...