アノニマスなアクティビスト集団、ゲリラ・ガールズ

欧州アートの多様性を模索する、覆面アクティビスト集団ゲリラ・ガールズ。文化団体にも容赦なく疑問を投げかける。

激しいフェミニスト思想を持つ覆面の復讐者ゲリラ・ガールズ(The Guerrilla Girls) は、今、知っておくべき勢力の一つ。彼女たちが暴き出すのは、アートや政治、ポップカルチャーの中に潜む、性差別や人種差別、そして腐敗である。今や衆目は、高々と掲げられたビルボード、ステッカー、バナー、ポスター、ストリートアートや本など様々なメディアを使って喧伝される一部のアーティストや作家たちによって、巧みに操られているのだ。説得力あふれる事実、ユーモア、そして 好戦的なヴィジュアルを使い、1985年から、ゲリラ・ガールズはアートシーンを席巻し、新聞の見出しにその名を躍らせてきた。埋もれた宝、隠された意味、不遇の者たち、明白なる不公平さ。彼女たちが日の目にさらすのは、そういうものだ。ホワイトチャペル・ギャラリー(Whitechapel Gallery) で行っている、最近の展覧会では、1989年に制作された著名なポスター『Complaints Department』と『It Even Worse in Europe』が再び公開されている。この展覧会は、2017年3月まで開催される。

1

私たちを行動に駆り立てたのは、1980年代のニューヨークだった。

MOMAが行ったある展覧会では、169人のアーティストのうち、女性はたった13人だったの。白人以外の人種の作家はもっと少なかったわ。1985年にMOMAに展示された裸体の85%は女性だったけど、作家そのものの割合では女性はたった5%。だから私たちは館外でデモンストレーションをしたのだけど、主張するものが何であろうと、気に留める人なんていないんだと気づいたわ。人の目をこちらに向けさせるためには、もっと練りこんだヴィジュアルを使わなきゃいけなかったのね。

2

アートシーンにはいろんなタイプの人がいる。

アーティストは私たちの活動を見ているし、それを好きでいてくれている。キュレーターは私たちの活動を見てくれているけど、それを奇異に思っている。ディーラーやコレクターたちは、私たちが消えるように願っていると思う。私たちは、そのどこにも属していない。そういう人たちをつなぐ存在であり、美術館で展示されるようなアーティストとは違う。こちらはまったく気にしていなんだけどね。だって私たちは、やみくもに崇拝させて価値のあるものを生み出したりするような何かをつくっているわけじゃない。

3

学校で学ぶよりずっと、歴史は深いもの。

コレクターはまだ別にしても、ディーラーやギャラリストたちはよくこんなことを言うわ。「女性や非白人の作家は、アートシーンのダイアログにハマる作品を生み出さない」。今どきこんなバカなことをいう人が他にいるかしら。もう永遠にそんなことはないわ。本で読んだりギャラリーで見るような美術史より、歴史がずっと奥深いことは明白な事実よ。白人男性の作品ばかりを取り上げているのに、よく美術史がグローバルな文化だなんて言えるわ。それは真の美術史じゃない。富と権力の歴史よ。

4

アートは投資だ。

超お金持ちのコレクターは、持っている作品を自分自身でコントロールしたくて、自ら美術館を開いたりする。そうやって、公共の施設にまで影響力を及ぼそうとしているのよ。だからアートは資本主義者たちの投資対象となったというわけ。そこで、私たちはもう少し大きな疑問を投げかけたいと考えているの。「利害の衝突がまったくない場所(影響力が及ぶ公共の施設)をつくりだせるのか?」美術館に対してしてみたかった質問はこうよ。「歴史を紐解く場所として使うことはできるか?」もし答えがイエスなら「歴史上の問題というのは、それが一握りの人たちのセンスや金、富と権力によってつくられているということ!」と言いたいわね。

5

センスというものが何であるかはわからない。その存在さえも不確かだ。

そもそもセンスがいい悪いっていうことが本当にあるのかさえ、そんなに考えないわ。悪い行いは確実に存在するけれど。

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...