アノニマスなアクティビスト集団、ゲリラ・ガールズ

欧州アートの多様性を模索する、覆面アクティビスト集団ゲリラ・ガールズ。文化団体にも容赦なく疑問を投げかける。

激しいフェミニスト思想を持つ覆面の復讐者ゲリラ・ガールズ(The Guerrilla Girls) は、今、知っておくべき勢力の一つ。彼女たちが暴き出すのは、アートや政治、ポップカルチャーの中に潜む、性差別や人種差別、そして腐敗である。今や衆目は、高々と掲げられたビルボード、ステッカー、バナー、ポスター、ストリートアートや本など様々なメディアを使って喧伝される一部のアーティストや作家たちによって、巧みに操られているのだ。説得力あふれる事実、ユーモア、そして 好戦的なヴィジュアルを使い、1985年から、ゲリラ・ガールズはアートシーンを席巻し、新聞の見出しにその名を躍らせてきた。埋もれた宝、隠された意味、不遇の者たち、明白なる不公平さ。彼女たちが日の目にさらすのは、そういうものだ。ホワイトチャペル・ギャラリー(Whitechapel Gallery) で行っている、最近の展覧会では、1989年に制作された著名なポスター『Complaints Department』と『It Even Worse in Europe』が再び公開されている。この展覧会は、2017年3月まで開催される。

1

私たちを行動に駆り立てたのは、1980年代のニューヨークだった。

MOMAが行ったある展覧会では、169人のアーティストのうち、女性はたった13人だったの。白人以外の人種の作家はもっと少なかったわ。1985年にMOMAに展示された裸体の85%は女性だったけど、作家そのものの割合では女性はたった5%。だから私たちは館外でデモンストレーションをしたのだけど、主張するものが何であろうと、気に留める人なんていないんだと気づいたわ。人の目をこちらに向けさせるためには、もっと練りこんだヴィジュアルを使わなきゃいけなかったのね。

2

アートシーンにはいろんなタイプの人がいる。

アーティストは私たちの活動を見ているし、それを好きでいてくれている。キュレーターは私たちの活動を見てくれているけど、それを奇異に思っている。ディーラーやコレクターたちは、私たちが消えるように願っていると思う。私たちは、そのどこにも属していない。そういう人たちをつなぐ存在であり、美術館で展示されるようなアーティストとは違う。こちらはまったく気にしていなんだけどね。だって私たちは、やみくもに崇拝させて価値のあるものを生み出したりするような何かをつくっているわけじゃない。

3

学校で学ぶよりずっと、歴史は深いもの。

コレクターはまだ別にしても、ディーラーやギャラリストたちはよくこんなことを言うわ。「女性や非白人の作家は、アートシーンのダイアログにハマる作品を生み出さない」。今どきこんなバカなことをいう人が他にいるかしら。もう永遠にそんなことはないわ。本で読んだりギャラリーで見るような美術史より、歴史がずっと奥深いことは明白な事実よ。白人男性の作品ばかりを取り上げているのに、よく美術史がグローバルな文化だなんて言えるわ。それは真の美術史じゃない。富と権力の歴史よ。

4

アートは投資だ。

超お金持ちのコレクターは、持っている作品を自分自身でコントロールしたくて、自ら美術館を開いたりする。そうやって、公共の施設にまで影響力を及ぼそうとしているのよ。だからアートは資本主義者たちの投資対象となったというわけ。そこで、私たちはもう少し大きな疑問を投げかけたいと考えているの。「利害の衝突がまったくない場所(影響力が及ぶ公共の施設)をつくりだせるのか?」美術館に対してしてみたかった質問はこうよ。「歴史を紐解く場所として使うことはできるか?」もし答えがイエスなら「歴史上の問題というのは、それが一握りの人たちのセンスや金、富と権力によってつくられているということ!」と言いたいわね。

5

センスというものが何であるかはわからない。その存在さえも不確かだ。

そもそもセンスがいい悪いっていうことが本当にあるのかさえ、そんなに考えないわ。悪い行いは確実に存在するけれど。

This Week

アーティスト、イ・ジョンの仄かなネオンに彩られた世界

人気がなく閑散とした空間にネオンでつくった文字を並べた、写真とインスタレーション。そうした作品を通して、イ・ジョンは“孤独感”と“忘れ去られた世界”を表現する。

Read More

伝統と革新 和漢洋折衷でアート&ファッションに切り込む

水墨画アーティストのCHiNPANが初の個展「BLACK WORK」を開催し、“人体と水墨画の融合”をテーマに制作した作品を展示した。多様な植物に囲まれた会場に、CHiNPANの和紙のテクスチャーや柔らかさ、墨の色は自然界とも溶け合っている。

Read More

パリ、ダンス界を魅了する、レティツィア・ガローニ

ここ数年にわたりパリ国立オペラの観客たちを魅了する、24歳のプリマ・バレリーナ、レティツィア・ガローニ(Letizia Galloni)。そんな彼女が、独学で学んだ少女時代から、彼女のダンス教育、そしてステージ上でのセンセーションに至るまでを、率直に気持ちよく語ってくれた。

Read More

ケイト・マクリーンがつくり出す香りの世界地図

人は、とかく視覚情報に頼りがちだ。自分の周囲の地図をつくるために犬はその鼻を使うが、人は紙に描かれた線を頼りに自らの進路を得る。地図は便利で有効な道具だが、同時に退屈でもある。紙の地図は人を目的地に導くことはできるものの、そこに行けばどんなことが起こるのかは教えてくれない。しかし、ケイト・マクリーンの作品は、その常識を覆してしまった。

Read More

嗅覚を目覚めさせる香りの芸術家クララ・ラヴァット

ベルリンはクロイツベルクの中心に位置するミクストメディアのイベントスペース〈スペクトラム〉で、月に一度開かれる会合〈スメル・ラボ〉。その創始者こそ、バルセロナが生んだ香りのアーティスト、クララ・ラヴァットだ。〈スメル・ラボ〉は香り愛好者たちのための実験的なワークショップで、香りの芸術科学を探求している。

Read More

モデル・中川えりな ミレニアル世代の民主主義に不可欠な5つのファクター

学生団体『SEALDs』の元メンバーであり、現在はカルチャーイベント『Making-Love Club』等を主催するモデルの中川えりな。女性ならではの視点で語る、彼女がいまのミレニアル世代に問いかけたいこと、民主主義について思うことについて聞いた。

Read More

アーティスト、アポロニア・ソコルが描くもの

過去と現代を行き来するフランス人アーティスト、アポロニア・ソコルが描く肖像は、過去の才能を現代のものへと昇華する。彼女の作品に投影される5つの信念とは。

Read More

ペニー・ゴーリングの詩「tower block 55」

ペニー・ゴーリングはロンドンを拠点とするアーティストであり、詩人でもある。カジュアルでありながら緻密という非凡な手法で「非常に注意深く間違えた」作品をつくりあげてきた。今回はそんなペニーについてもっとよく知ることのできるインタビューに加え、彼女が〈The Fifth Sense〉のために書き下ろした詩「tower block 55」を紹介する。

Read More

モデル・アーティストColliu、日常と作品を接続する5つの要素

モデルとして誌面を飾りながら、アーティストとしても活躍するColliu。ペインティング、オブジェ、インスタレーションなど様々なメディアを横断しながら創作活動を行う彼女の作品には、鑑賞者に作品を身近に感じてもらい、鑑賞者を楽しませたいというなによりの動機がある。5つの観点からその作風を紐解いた。

Read More
loading...