詩人・最果タヒが描く、「光」を感じさせる言葉たち

詩人、小説家、エッセイスト。幾つかの肩書きを持つが、どれも共通するのは「言葉」をツールに表現活動を行うということ。多くの女性たちから注目を集め、共感される「言葉」を描く最果タヒが本企画のために書き下ろした詩。

10代の頃から自身のブログにて文章を綴っていたものが「詩」だと評価されキャリアをスタートした最果タヒ。その後コンスタントに作品を発表すると同時に現代詩手帖賞や中原中也賞を受賞するなど、着実に詩人としての道を歩んできた。そんな最果の書く詩は、ときに難解だと言われることもある。その理由の一つは、執筆環境や方法が大きく影響しているのかもしれない。

日頃、詩や文章を書く作業は喫茶店や移動中の電車の中など外出先で行うことが多く、その場に浮遊する人々の会話や雑踏からインスピレーションを受け言葉を紡ぐという。それらは大抵、パソコンだけでなくiPhoneのメモ機能を使って行われるらしい。最果にとって言葉は「目で読む」のではなく「耳で聴く」ものであり、「ひとつの言葉が生まれたときに次に来る言葉を探すというイメージ」と話してくれた。世の中に散りばめた言葉を拾い集めて、次々とつなぎ合わせていく。まるで積み木をするように、言葉遊びを行なっているのかもしれない。

今回、彼女は『the fifth sense』のために日常に溢れる「光」を題材にした新たな詩を書き下ろしてくれた。

光の匂い

夜のあいだは、この都心の大気圏を、巨大なナイフが羊羹みたいに切り離している。すきまに、宇宙から溢れてきた透明の光が挟み込まれてまた明日、私たちは距離を見誤る。ゆがめられていくことに誰も気づかないで、愛しているを信じている。 

朝は、光の匂いがする。せいいっぱいためこまれたものが、蒸発をして世界の壁すべてにへばりついている。生きていることがあいまいでもかまわないじゃないか、勝手に美しくいてくれる、草や雲があるというのに、どうして生きることを奇跡と呼ぶの。

縄跳びをしている子が、突然飛んだまま消えてしまう気がして見つめていた。きみがいなくなってもいいよ、たぶん、重ねてきた時間が光に飲まれただけだから、慣れることは平気だよ。お花見、あじさい、すずらんの群れ、もう永遠にこんな景色は見られないと言いたげに毎年カメラをもつ人が、宇宙でいちばんうつくしい春。

最果タヒ

http://tahi.jp

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...