身体の在り方を追求する、気鋭ダンスパフォーマー・ハラサオリの5つの心象

振付から即興のパフォーマンスまで、自らの身体で表現する独創的な世界観を武器に、世界を舞台に作品を発表し続けるダンスパフォーマー・ハラサオリ。美術家やモデルとしても活躍する彼女の5つの心象から、創作行為における彼女の真意を垣間みた。

1

ベルリン

ダンサーになると決めてベルリンへ飛んだのが2012年。それ以降1、2年ごとに東京とベルリンを往復する生活をしています。東京から逃げるようにこの街へ来た当時は、肩書きや年齢をぶっ飛ばしながら飄々とたくましく暮らしている人々との出会いに救われました。「ダンサーの自分」にとってはここがホームです。

2

国内外問わず、ひとり旅が好きです。子供のころは「大人になるということは遠くへ行けるようになることだ(子供は不自由!)」と切実に思っていました。そして旅ができるようになり、当初はそれを確かめるように遠出を楽しんでいたのですが、日常と旅の往復を繰り返すうちにその境をどれだけ曖昧にしていけるかということを考えるようになりました。

3

"Das Triadische Ballet" by Oskar Schlemmer

バウハウスの主要メンバー、オスカー・シュレンマーによる1922年の舞台作品が、1970年に映像作品として復元されたもの。身体と空間の関係を考察するためのヒントが大量に詰まっています。この作品をきっかけに関連作家や作品にも興味をもち、そこからバウハウス大学への留学に至りました。

4

実家で23歳のメス猫(人間なら100歳超)と、自宅で3歳のオス猫を飼っています。幼いころから彼らと暮らしてきたので、猫を通して物事をみる癖があります。

「猫について考えることはアートについて、又はアーティストについて考えることだとぼくは常に思っている。(横尾忠則)」、そうだったらいいなと思います。寺山修司の詩にもたびたび猫が出てきますが、「恋という字と 猫という字を 入れ替えてみよう」という一節が好きです。

5

ごっつええ感じ

日本のムラ的な空気に収まりたくないと思う一方で、この国特有のハイコンテクストなセンスに惹かれる瞬間も多くあります。これは笑いに限ったことではなく、さまざまな文化的営みやコミュニケーションにひそむ翻訳不可能な感覚にも常に敏感でありたいと思っています。

ハラサオリ(Saori Hala)ダンサー、美術家、モデル。2012年より東京とベルリンを拠点に活動を開始し、自身の振付や即興をベースにパフォーマンス作品の制作を重ねる。近年は美術家・音楽家との共作や、映像作品への出演・振付なども積極的に行っている。

halasaori.com

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...