マルチなタレントで今をときめく17歳のスーパーガール

若干17歳にしてモデル、女優、アクティビストとして、様々なフィールドで幅広く活動するスーパーガール、イマン・ペレーズ。ティーンエイジャーにして、すでに貫禄さえ漂う彼女の魅力にせまる。

イマン・ペレーズ(Iman Pérez)のキャリアスタートは12歳。母(女優のカリーヌ・シラ・ペレーズ)の処女監督作品『Un Baiser Papillon』に出演したときだ。その後すぐに事務所と契約し、モデルとしてのキャリアを歩み始める。ヴァンサン・ペレーズの娘であり、リュック・ベッソンの姪でもあるティーンエイジャーの彼女。モデル活動のかたわら、ヨーロッパ乗馬チャンピオンシップのフランス代表選手としても活躍し、2020年東京オリンピック出場を目指している。

モデルの世界で尊敬しているのは誰ですか?

偏見やタブーを乗り越え、黒人モデルとして成功したジャーダン・ダンの偉業を私も踏襲したいわ。この業界は、実社会を完全に反映してると思う。成功するために、黒人女性は白人女性よりたくさん努力しなきゃいけないの。配慮と戦う必要があるのよ。2017年になった今でも、この業界で自分に見合った立場を手にするために、黒人女性がすべきことはまだたくさんある。私が挑んでいきたいのもそういう部分。タイラ・バンクスが切り拓いた道は、私にとって強い刺激になったわ。彼女はモデルでもありながらビジネスウーマンでもあって、その強い信念が彼女を今の地位に押し上げたのよ。すごく影響されたわ。

あなたはプロの乗馬選手としても活躍していますよね。乗馬をしているときはどんな気分ですか?

5歳から習っていて、ずっと情熱を傾けているのが乗馬なの。7歳のときには、障害馬術競技の大会に出ていたのよ。今は、元フランス代表チームのコーチ、ジャン=モーリス・ボノー(Jean-Maurice Bonneau)の指導を受けているの。友達と私に目をかけてくれて、ヨーロッパチャンピオンシップのためにコーチするようになったのよ。私、アドレナリンやスピード、予想できないことが大好物だから。乗馬は体と動きを使い、自信を必要とするある種の言語よ。馬をコントロールするのに言葉は使えない。代わりにエネルギーとパワーを使うの。乗馬で一番好きなのは、自分自身を解き放つことができて、何もかも忘れられるところ。馬に乗っているときはチャンスをものにすることしか頭にないわ。すべてが突然起こるから。

それは直感を活用するということですか?

重要なのは自信だと思うわ。自分自身と乗る馬の強さね。常に予期できないことがつきまとうから。長年の経験があっても、馬が何を考えているのかはいまだ計り知れないわ。何が起こるか予想するのは難しいの。これは人生においてほかのたくさんのことにも言えると思うけど、重要なのは絆を感じること、そしてコミュニケーションよ。直感もとても大切だけどね。

感覚のままに動くことはできますか?

そう、ときどきはね。馬に乗ると、違う世界に行ってみたくなるの。郊外やイヴリーヌ(パリ近郊)とか。小さい頃から、週末のたびにそこに行くのよ。いつも同じ芝や麦わらの香りが、私の心を鎮めて整理してくれる。ずっと香りフェチで、子供の頃からいろいろ集めてるの。香水は30本くらい家にあるんじゃないかしら! 何にでもふりかけるのよ。もう習慣になっちゃって、ベッドや髪、引き出し、ホントにありとあらゆるものに使っちゃう。香りに包まれていたいのね。バラの香水なしじゃ生きていけないわ。

よく旅をしたり環境を変えたりするようですが、あなた自身はすごく地に足がついているように見えます。この世界でお気に入りの場所といえばどこですか?

パリにはずっと恋してるわ。飽きることなく長い時間過ごせる、お気に入りの場所がいくつかあるの。コーチの妹で、フランスの障害馬術競技チャンピオンでもあるココ・クーペリ―=エッフェル(Coco Coupérie-Eiffel)がオーナーをしている〈カフェ・ドロム〉は、私の聖地よ。テラス席から見下ろすパリの景色が素晴らしいの。ほかには〈カレット〉ね。ミーティングや打ち合わせはだいたいそこでするの。パリは刺激あふれる街よ。建物のディテールや建築様式を眺めながら、何時間だって歩き回れるわ。パリを離れることなんてできそうにない。

若干17歳にして、高名なフォトグラファーたちの被写体になっていますよね。カメラの前に立つのは心地良いですか?

ええ、母はモデルで父は俳優だから、いつもカメラのレンズに取り囲まれていたもの。モデルとしてのキャリアを花開かせ、その道を歩むことに自信を持たせてくれたのはピーター・リンドバーグよ。一緒に仕事をする機会があったんだけど、彼のおかげですぐに打ち解けられたわ。私は若いけど、すごく業界向きだって言ってくれたの。世界最高のフォトグラファーの1人からこんな賛辞を贈られたら、それはホントってことよね。

ご家族は映画業界で活躍していますね。好きな映画とその理由を教えてください。

間違いなく『ティファニーで朝食を』ね! オードリー・ヘプバーンは、強さと品位という私が考える女性の素晴らしさを体現しているわ。彼女のしたことや出た映画、歌、それにファッションのすべてが頭にあるの。彼女に関する本はすべて読んだし、ドキュメンタリーもすべて観たもの。

以前、学校が大嫌いだと話してくれましたよね。せっかちだったのでしょうか。

私は独立心が旺盛だし、ちょっと多動っぽいところもあるの。先生が授業をしているあいだ、教室の決まった場所にじっとしていなきゃいけないのは、すごく苦痛だったわ。子供時代はスポーツにのめり込んでた。ダンスやスイミング、体操もしていたわ。でも練習のあとも、エネルギーがたっぷり残っていたのよ! 私にとって学校は監獄みたいなところだったわ。そこは自分の居場所じゃないっていつも感じてた。でも通信教育を使って、学位は取りたいと思っているわ。

大人といるほうが居心地がよいですか?

大人といるほうが居心地いいし、自然な自分でいられるとずっと感じてきたわ。よく考えてみると、同年代の友達って多くないのよ。ほとんどの友達が20代から30代のあいだくらい。乗馬関連の友達が多いわね。チームメイトのマリーは親友の1人。年が10歳も離れていることを考えると、美しい友情よね! ほかの人と情熱を分かち合えるのが乗馬なの。いろいろなタイプと年代の人をひきつけるわ。そこから、かたい友情や出会いが生まれるの。

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...