things to see and do this week

今週見たい映画やアート、カルチャーイベント4選。

Month2
25
-
7

植本一子写真展「家族最後の日の写真」

写真家でありながら、文筆業でも多くの支持を集める植本一子の最新刊『家族最後の日』の出版を記念した展示が、渋谷Nidi galleryで開催されている。本作品は、前作『かなわない』(タバブックス)以降に植本の身の回りで起きた、母との絶縁、義弟の自殺、夫の癌といった出来事を綴った自伝的一冊。本展では、作品に収められた写真作品を展示し、『家族最後の日』の同時販売も行われる。どんなに辛い日常の中でも“生きること”を肯定するかのごとく、自らの家族を生き生きと映し出す植本の写真には、慈しみ深い優しさや力強さが滲み出ている。自伝とともに写真作品を鑑賞できるこの機会は見逃せない。

Nidi gallery(http://nidigallery.com/schedule/23991)/開催中〜2月7日(火)/13:00〜20:00/入場無料

Month2
25
-
Month4
10

ドレモオナジ・ドレモチガウ展

日本古来の着物を表現媒体とした創作や、各地の伝統技術を持った工場や職人とともにもの作りを行うアーティスト・高橋理子。洗練されたモダニティーが宿るその作品は、国内外で評価が高い。今回の展示では、着物の柄として単一のモチーフを用いながらも、倍率を変えてレイアウトしていくことで、「同じ」と「違う」が共存する、パラドキシカルな表現を生んでいる。作品に対峙した者が対象をどう“視る”かによって、全く異なる世界が目の前に立ち現われてくる。視点と視点の行き来によるインスピレーションを受けて、彼女が試みる心地よい混乱を体感できるはずだ。

SFT GALLERY(https://www.souvenirfromtokyo.jp/gallery/2017/takahashi_hiroko.html)/開催中〜4月10日(月)/10:00〜18:00(金曜日のみ20:00まで)/火曜日休館(祝日又は休日に当たる場合は開館し、翌日休館)/入場無料

Month2
10
-
26

第9回恵比寿映画祭

東京都・恵比寿から世界に発信するアートと映像の祭典、「第9回恵比寿映画祭」がリニューアルオープンして間もない東京都写真美術館にて今週末から開催される。今回の総合テーマは「マルチプルな未来」。映像作品の展示や上映、ライブイベント、講演などを通して、映像が個人や社会のあり方にもたらす変化について考察する。ホイットニー・ビエンナーレなどの国際展で活躍する笹本晃(日本)、パフォーマンスを組み込んだ映像作品を制作するガブリエラ・マンガノ&シルヴァーナ・マンガノ(オーストラリア)や、オタワ国際アニメーション映画祭で受賞した注目の若手作家レイ・レイ(中国)など、多くの気鋭アーティストが参加予定だ。国際色豊かな映像を通じて、多様性溢れる未来について考えを巡らせてみてはいかがだろう。

公式HP(http://www.yebizo.com)/東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、地域連携各所ほか/2月10日(金)~2月26日(日/10:00〜20:00 ※最終日は18:00まで/月曜日休館/入場無料 ※定員制のプログラム(上映、ライヴ、レクチャーなど)は有料。詳しくはWEB。/Photo: Gabriella MANGANO & Silvana MANGANO《そこはそこにない》2015/シングルチャンネル・ヴィデオ/作家蔵 Courtesy of Anna Schwartz Gallery, Melbourne

Month2
11
-
Month3
26

齊藤春佳「飲めないジュースが現実ではないのだとしたら、私たちはこの形でこの世界にいないだろう」

“記憶”というものは、実に曖昧だ。どんなに鮮やかな思い出さえも消えてしまい、いずれは時間の流れの中で薄れていってしまう。消え去って欲しくないという願いや、美しく精彩ある記憶たちは誰もが持っていることだろう。齋藤春佳は、そんな「記憶」をテーマに制作するアーティストだ。記憶をめぐるさまざまな想いを今回の展覧会を通じて、色鮮やかな絵画やインスタレーションで表現していく。抽象的でありながら、自分の中の「記憶」の感覚と、どこか共鳴する不思議な作品たちに触れ、それぞれの胸の中に眠る“あの時”が甦ってくるはず。

埼玉県立近代美術館 2階展示室D(http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=349)/ 2月11日(土・祝)〜3月26日(日) / 10:00〜17:30 / 休館日:月曜 (3月20日は開館) / 入場無料 / Photo: 齋藤春佳《飲めないジュースが現実ではないのだとしたら 私たちはこの形でこの世界にいないだろう》2016年

This Week

alma har'el's
jellywolf

CHANEL Nº5 L'EAUをインスピレーションとして、ビジョンとビジュアルを通して香りを体験する若い女性を描く、美しく神秘的な物語——アルマ・ハレルがThe Fifth Senseのために作った、女性のスピリチュアルな成長のストーリーだ。

Read More

カワイイの欲求不満が満たされる丸井"Motty"元子の原色図鑑

アートディレクターMOTTYは、ポップかつ大胆な色彩感覚で、一度見たら忘れられない中毒性の高いイメージを作り出す。

Read More

タイムトラベルとアフロフューチャリズムが導く未来

ラシーダ・フィリップスとキャメイ・アイワの手によって生み出された、タイムトラベルとアフロフューチャリズムを駆使し、アートと音楽によって女性を鼓舞するコミュニティスペース〈Community Futures Lab〉の真相にせまる。

Read More

スクリーンプリントが語る、ニニ・サムのアートの世界

中国で初となるインディペンデントなシルクスクリーンプリントの会社〈IdleBeats〉。スクリーンプリントの技術向上とさまざまなコラボレーションを実現し続けている。

Read More

things to see and do this week

今週見たい映画やアート、カルチャーイベント4選。

Read More

メディテーションの秘密ーー静寂が感覚に与える影響とは

漆黒に包まれた瞬間、すべてが変わる。ビューティーエディター、アニータ・バグワンダスはメディテーションに出会い、さまざまな“感覚”に違いを感じた。瞑想と嗅覚の、意外な関係とは?

Read More

どこまでも音を削り続ける、にせんねんもんだいの今に至るまで

重厚で無骨なノイズ、際限なく反復されるビート、パワフルでダイナミックなサウンドでコアなリスナーを中心にファンを獲得し続けてきた、にせんねんもんだい。3ピースガールズバンドである彼女たちの魅力とは。

Read More

映画監督ラリツァ・ペトローヴァが語る、映画作りの掟

ブルガリア生まれの女性映画監督、ラリツァ・ペトローヴァ。幼少期からアートにふれ、大学では映像、フィクション・ディレクションを学び、今に至る。そんな彼女が映画を作るうえで刺激を受けている、5つのこととは。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...