things to see and do this week

今週見たい映画やアート、カルチャーイベント4選。

Month2
16
-
17

快快 「CAT FISH」

国内外の芸術祭や公演を成功させるなど、今注目の気鋭劇団、快快(FAIFAI)による約3年ぶりとなる新作「CAT FISH」が遂に公演される。“CAT FISH”とは、ネットスラングで“なりすまし”のこと。時代によって姿を変え、“なりすまし”の形で人類の前に現れる宇宙人やUFOが登場する今作。彼ららしいユーモア溢れる人物やストーリーが、観客を一気に快快ワールドへと誘う。そんな摩訶不思議な物語の舞台は劇場ではなく、目黒にあるホテルCLASKAのスイートルーム。演者の息づかいや表情をありありと感じることができるはずだ。リアルとファンタジーが混在する異空間に入り込み、眼前で目まぐるしく繰り広げられる、熱量溢れるその一瞬を体験してほしい。

CLASKA Room 402 (http://claska.com/news/2017/01/faifai_cat_fish.html) / 公演スケジュール: 2月15日(水)22:00、2月16日(木)11:00/14:00/19:30/22:00、2月17日(金)11:00/14:00/19:30/22:00 /上演時間:70分(予定) ※受付開始・開場は開演の20分前 / チケット料金:前売・当日ともに4,000 円(全席自由) / 詳細はWEB

Month3
28
-
Month2
25

長谷川愛「Second Annunciation」

メディアアートやバイオアート、スペキュラティブデザイン、現代美術などの領域を自由自在に横断した作品で、国内外で注目を集めるアーティスト・長谷川愛による展示「Second Annunciation」が開催中。本展では「近い将来、技術によって生殖や家族の基準がどれほど変わりうるか、現在と異なる希望や懸念を与えうるか。」という問題をテーマに据え、ヒトがイルカの胎児を出産する姿を表現した「I Wanna Deliver A Dolphin」〈私はイルカを産みたい/2013年〉、複数の遺伝的親から生まれた子供のシェアについて考える「shared baby」〈シェアードベイビー/2011 年〉という挑戦的な作品を提示している。遺伝子操作技術の急速な進化によって、根本から変容しつつある「生命」のあり方とその未来について、彼女の作品と対峙し、この機会にじっくりと考えてみることにしよう。

ART&SCIENCE GALLERY LAB AXIOM 開催中〜2月25日(土)/ 13:00〜19:00 /休館日:日、月、祝日/入場無料

Month3
28
-
5

稲垣智子「Ghost」

現代社会に生きる私たちの生活には、盲目的に従っている制度や慣習が身近に溢れかえっている。そこに潜む様々な矛盾や不条理性を、一人の女性の視点を通して浮き彫りにするアーティスト・稲垣智子による個展「Ghost」が開催されている。本展では、屏風の様に配置された鏡の上に、4つの映像が同時投映されるビデオインスタレーションが登場する。各映像の中で女性が顔の見えないパートナーと共に行う無言劇は、私たちが無意識のうちに行っている判断や反応の正当性について疑問を投げかける。緻密な演出が施された空間の中で、私たちは自らの心の内に広がる既成概念を強く揺さぶられるに違いない。

Art-U room (http://www.art-u-room.com/exhibitions) / 開催中〜3 月 5 日(日) / 火〜土曜:12:00-19:00 日曜:12:00-17:00 / 休館日:月曜 / 入場無料 / Photo: 「Ghost」 2015 年、4ch ビデオインスタレーション、380x308x180cm ⒸTomoko Inagaki, 2017

Month3
28
-
12

「Project N 66」村上早

東京オペラシティアートギャラリーが注目の若手作家を紹介するシリーズ「project N」。66回目を迎える今回は、シンプルで素朴な線を用い、思い浮かぶままにイメージを表現する銅版画作家の村上早を特集する。版画というメディアに出会って初めて、自らのトラウマ的な記憶を作品へと昇華させる術を得たという彼女。「生と死」を強く意識させる数々の体験をもとに生み出された作品群は、不思議な静寂感に包まれており、個人の内省の枠を超えて、人間存在の根底にある、誰もが抱えうる「痛み」の普遍的な表現へと至っている。作家の奥深く、パーソナルな部分から発せられるその表現は、“版画”という重層的なプロセスを経て、観る者の感性と共鳴し、この世界の本質と共振する。

東京オペラシティ アートギャラリー 4Fコリドール (http://www.operacity.jp/ag/exh195.php) / 開催中〜3月12日(日)/ 11:00〜19:00※金・土は11:00〜20:00、いずれも最終入場は閉館30分前まで / 休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)/入場料:一般 1,200円、大学・高校生 800円、中学生以下無料(企画展「画と機 山本耀司・朝倉優佳」、収蔵品展「人間 この未知なるもの」の入場料に含まれる。)収蔵品展とproject Nのみの入場料:200円 / 写真:村上早《かくす》銅版画118.0x150.0cm 2016 東京オペラシティ アートギャラリー提供

This Week

things to see and do this week

今週見たい映画やアート、カルチャーイベント4選。

Read More

映画監督ウダ・ベンヤミナ、パリ郊外への固定概念へ挑む

今年、カンヌ国際映画祭でLa Caméra d’orを受賞した作品『Divines』、監督ウダ・ベンヤミナは、郊外とそこに生きるあくなき自由を夢見る人々を、新たな視点から観る者の感情に知覚的に訴えかける。

Read More

今注目すべき10人の女性アーティスト

新進からカラヴァッジオ派の宗教画家まで、時代を超えてインスピレーションを与えてきた女性アーティスト10人を紹介。

Read More

レジャーウェアのレディ、ニッキー・カーヴェルの世界

ニッキー・カーヴェルの作品がひも解くのは、明るく力強い世界。巨大でカラフルな立体作品と見事に調和したハイパーアクティブなステッカーは、私たちの眼前に失われた楽園の日々を浮かび上がらせる。

Read More

フレンチストリートアーティストKashinkが描く、アンドロジナスでフリースピリッツなカートゥーンたち

ストリート・アーティストKashink が描く特大のカートゥーンのような壁画は、これまで世界中で数々のパブリックな壁面を飾ってきた。パープルやグリーンの顔に4つの目玉といった彼女が生み出すキャラクターは、どれも人間の多様性を表現している。そんなKashinkが、人々をインスパイアすること、風変わりでいることや口髭を着けることについて、自身のマニフェストを示してくれた。

Read More

コンテンツ・クリエーター エミリー・オーバーグをとりまく5つの感覚

Complexのプロデューサーであり、また自身のライフスタイル・ブランドSporty & Richの創始者でもあるエミリー・オーバーグが、彼女の五感の世界観を語る。

Read More

流れに身を任せて

LAを拠点に活躍する映画監督、マリア・ジェームス。情熱を追い、1つもしくはいくつかの夢を叶え、そこに至るまでの道程に喜びを見出すことにかけて、彼女の右に出る者はいない。

Read More

感覚を駆使して表現を続ける、フルーティ・レディ

感覚がもたらす悦びの力をずっと知っていた南アフリカのアーティスト、レディ・スコリー。彼女の作品に欠かせないのは、かつて母が虜だったフルーツと、彼女が大切にしている“感覚”。

Read More

フォトグラファー、アダマ・ジャローが見据える景色

フォトグラファー、アダマ・ジャローがその名を知られるきっかけとなったのは、自身の人生をつまびらかに切り取った作品だった。彼女がレンズを向ける先に見える景色とは?

Read More
loading...