things to see and do this week

今週見たい映画やアート、カルチャーイベント4選。

Month4
30
-
24

SHIT Ltd. EXHIBITION "REAL FOODS"

白黒グレーの3色で描いた、ダークかつコミカルな作品が国内外で高い評価を得るペインター・Lyが、ミュージシャンのDead Kebabと共に2016年に設立した秘密結社「SHIT Ltd.」。“当組織が運営するReal Foods会社およびReal Foodsチェーンは、遺伝子組換え素材の混入などの疑いにより強制閉鎖となり、取り調べが行われた。それを受けて4月12日より、工場・農場より押収された証拠品の公開閲覧、および所有物のオークションが執り行われる。”という、フィクションでありながら、現代においてリアリティある背景設定の元で行われる本展では、彼女達らしいパロディーやユーモア、そして社会への鋭い批判が盛り込まれたアート作品が並ぶ。利益と効率を過度に追求する、現代社会の歪みを凝縮したような「押収物品」を落札する1人に、あなたもなってみてはいかが?

QUIET NOISE arts and break ( http://www.quietnoise.jp/event/shit-ltd-exhibition-real-foods.html  )/開催中〜4月24日(月)/休廊日:火曜/11:00〜20:00 /入場無料/レセプション:14日18:00〜20:00/遺伝子組み換えビーンズの在庫処分会:23日15:00〜/詳細はWEB

Month4
23
-
25

AI TERADA 『めす展』

中田ヤスタカがレジデントを務めるクラブイベント『FLASH!!!』をはじめ、ファッションブランドのルックなどの撮影を手掛けるフォトグラファー・AI TRRADAが、自身初となる個展『めす展』を開催する。本展のタイトルにある『めす』には、“めす(♀)×召す(食す)×メス(切り込む)”といった3つの意味が込められている。彼女が強く魅了され、制作のメインテーマに置く「女性×食物」というモチーフに加え、「果実」の持つ官能性からインスピレーションを得て表現された作品が並ぶ。人が一生を通じて備え持ち、時には人を煩わせる存在でもある、本能としての食欲と性欲の姿をありありと写し出すイメージは、身体の奥底に眠る、根源的な生命感覚を呼び起こす。

デザインフェスタギャラリー原宿 WEST館 2-C ( http://www.designfestagallery.com )/4/23(日)〜4/25(火)/11:00〜20:00(最終日18:30まで)/入場無料

Month4
30
-
Month5
28

イナ・ジャン 『Mrs. Dalloway』

東京、ニューヨークで写真を学び、コンテンポラリーアートの領域で発表されるその写真作品が注目を集める、フォトグラファーのイナ・ジャンによる個展『Mrs. Dalloway』が開催中。本展では、モダニズム文学を代表するイギリスの女流作家ヴァージニア・ウルフの作品を伏線に、ネガフィルムで複写した近代絵画の断片を流用し、コラージュした写真作品が並ぶ。巧みな手法で何層にも重ねられたイメージは、さまざまな文脈を持った抽象的な像の輪郭を描き出し、決定性から逃れ、断定されることを拒否しているかのようだ。観る者はその作品が投げかける“曖昧さ”を前に、オリジナリティと複製、固有性と匿名性など、写真をめぐるさまざまな問題の境界へと誘われることだろう。

G/P gallery (http://gptokyo.jp/archives/3812)/開催中〜5月28日(日)/休廊日:月曜/12:00〜20:00/入場無料

Month4
30
-
30

映画『スウィート17モンスター

ウェス・アンダーソンやキャメロン・クロウらを見出した、名プロデューサーのジェームズ・L・ブルックスが発掘した新たな才能ケリー・フレモン・クレイグが、初監督・脚本を務め、ゴールデングローブ賞をはじめ、多くの賞にノミネートを果たした今作。わずか14歳でオスカーにノミネートされた経歴を持つ若手実力派女優のヘイリー・スタインフェルドが、空回りで夢見がち、青春をこじらせた“イタい”17歳を熱演している。若き才能の共演によって紡がれる、甘酸っぱくもまっすぐな作品世界に飛び込めば、ある人はリアルな主人公の姿に共感し、またある人は懐かしい“あの頃”を思い出し、胸を締め付けられることだろう。

4/22(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次公開 (http://www.sweet17monster.com ) /監督・脚本:ケリー・フレモン・クレイグ 製作:ジェームズ・L・ブルックスほか 出演:ヘイリー・スタインフェルドほか/104分・カラー/2016年 アメリカ/原題:The Edge of Seventeen/配給:カルチャヴィル/PG12/© MMXVI STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

This Week

タイムトラベルとアフロフューチャリズムが導く未来

ラシーダ・フィリップスとキャメイ・アイワの手によって生み出された、タイムトラベルとアフロフューチャリズムを駆使し、アートと音楽によって女性を鼓舞するコミュニティスペース〈Community Futures Lab〉の真相にせまる。

Read More

アイスランドが誇るガールズラッパー、レイキャヴィークルダエトゥール

レイキャヴィークルダエトゥールがやってくる!

Read More

香りの言語

おそらく、人間の持つ感覚で最も研ぎ澄まされているのは嗅覚だ。ある研究では、人は1兆もしくはもっと多くの香りを嗅ぎ分けられることが示されている。しかし、言語はそうした香りを限られた語彙の中でしか表現できない。

Read More

マネキン・アーティストFEMMを動かす5つのファクター

ラバー製の衣装を身にまとい、過激なラップに合わせてパフォーマンスする、2体の女性型マネキンからなるダンス&ラップ・デュオFEMM。新たなポップ・アイコンとして注目を集める彼女たちの、その特異なクリエイティビティを形作る要素とは一体何なのか?

Read More

香りを言葉で描く:作詞家、詩人、劇作家、作家、脚本家

“香り”はどのようにクリエイティヴィティを刺激し、その存在はどのように言葉で語られてきたのだろうか。作詞家、詩人、劇作家、作家、脚本家として活躍する5人の女性の香りのかかわりにクローズアップ。

Read More

ジャミラ・ジョンソン=スモールの自由奔放な身体表現

彼女自身の言葉を借りるなら、ジャミラ・ジョンソン=スモールがダンスを愛しているのは、それが「ラディカルかつ社会的な命題」だから。そして実際、そのラディカルな側面は、ジャミラ本人がステージのオンオフで見せる姿からもはっきりと浮かび上がってくる。

Read More

レバノンのナイトライフを彩るアンダーグラウンドな女性たち

かつては男たちだけだったレバノンの首都、ベイルートのクラブシーン。その世界にラディカルに分け入り、そのシーンを震撼させるアンダーグラウンドで活躍する女性たち5人に話を訊いた。

Read More

The Wisely Brothers、歌に乗せる彼女たちの想い

繊細で瑞々しい楽曲と自由で飾り気の無いライブパフォーマンスに人気急上昇中の3ピースガールズバンドThe Wisely Brothers。その懐っこい人柄は見る者を惹きつけ無防備にさせる、そんな不思議な魅力をもつ。

Read More

イエルサ・デイリー=ウォードによる詩〈香り〉

詩人、作家として活躍するイエルサ・デイリー=ウォードが、スポークン・ワード・ポエトリーに出会ったのは、南アフリカでのある夜のこと。そしてそれが、彼女の人生を変えることとなったのだ。

Read More
loading...