things to see and do this week

今週見たい映画やアート、カルチャーイベント4選。

Month6
28
-
Month4
24

SHIT Ltd. EXHIBITION "REAL FOODS"

白黒グレーの3色で描いた、ダークかつコミカルな作品が国内外で高い評価を得るペインター・Lyが、ミュージシャンのDead Kebabと共に2016年に設立した秘密結社「SHIT Ltd.」。“当組織が運営するReal Foods会社およびReal Foodsチェーンは、遺伝子組換え素材の混入などの疑いにより強制閉鎖となり、取り調べが行われた。それを受けて4月12日より、工場・農場より押収された証拠品の公開閲覧、および所有物のオークションが執り行われる。”という、フィクションでありながら、現代においてリアリティある背景設定の元で行われる本展では、彼女達らしいパロディーやユーモア、そして社会への鋭い批判が盛り込まれたアート作品が並ぶ。利益と効率を過度に追求する、現代社会の歪みを凝縮したような「押収物品」を落札する1人に、あなたもなってみてはいかが?

QUIET NOISE arts and break ( http://www.quietnoise.jp/event/shit-ltd-exhibition-real-foods.html  )/開催中〜4月24日(月)/休廊日:火曜/11:00〜20:00 /入場無料/レセプション:14日18:00〜20:00/遺伝子組み換えビーンズの在庫処分会:23日15:00〜/詳細はWEB

Month4
23
-
25

AI TERADA 『めす展』

中田ヤスタカがレジデントを務めるクラブイベント『FLASH!!!』をはじめ、ファッションブランドのルックなどの撮影を手掛けるフォトグラファー・AI TRRADAが、自身初となる個展『めす展』を開催する。本展のタイトルにある『めす』には、“めす(♀)×召す(食す)×メス(切り込む)”といった3つの意味が込められている。彼女が強く魅了され、制作のメインテーマに置く「女性×食物」というモチーフに加え、「果実」の持つ官能性からインスピレーションを得て表現された作品が並ぶ。人が一生を通じて備え持ち、時には人を煩わせる存在でもある、本能としての食欲と性欲の姿をありありと写し出すイメージは、身体の奥底に眠る、根源的な生命感覚を呼び起こす。

デザインフェスタギャラリー原宿 WEST館 2-C ( http://www.designfestagallery.com )/4/23(日)〜4/25(火)/11:00〜20:00(最終日18:30まで)/入場無料

Month6
28
-
Month5
28

イナ・ジャン 『Mrs. Dalloway』

東京、ニューヨークで写真を学び、コンテンポラリーアートの領域で発表されるその写真作品が注目を集める、フォトグラファーのイナ・ジャンによる個展『Mrs. Dalloway』が開催中。本展では、モダニズム文学を代表するイギリスの女流作家ヴァージニア・ウルフの作品を伏線に、ネガフィルムで複写した近代絵画の断片を流用し、コラージュした写真作品が並ぶ。巧みな手法で何層にも重ねられたイメージは、さまざまな文脈を持った抽象的な像の輪郭を描き出し、決定性から逃れ、断定されることを拒否しているかのようだ。観る者はその作品が投げかける“曖昧さ”を前に、オリジナリティと複製、固有性と匿名性など、写真をめぐるさまざまな問題の境界へと誘われることだろう。

G/P gallery (http://gptokyo.jp/archives/3812)/開催中〜5月28日(日)/休廊日:月曜/12:00〜20:00/入場無料

Month6
28
-
Month4
30

映画『スウィート17モンスター

ウェス・アンダーソンやキャメロン・クロウらを見出した、名プロデューサーのジェームズ・L・ブルックスが発掘した新たな才能ケリー・フレモン・クレイグが、初監督・脚本を務め、ゴールデングローブ賞をはじめ、多くの賞にノミネートを果たした今作。わずか14歳でオスカーにノミネートされた経歴を持つ若手実力派女優のヘイリー・スタインフェルドが、空回りで夢見がち、青春をこじらせた“イタい”17歳を熱演している。若き才能の共演によって紡がれる、甘酸っぱくもまっすぐな作品世界に飛び込めば、ある人はリアルな主人公の姿に共感し、またある人は懐かしい“あの頃”を思い出し、胸を締め付けられることだろう。

4/22(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次公開 (http://www.sweet17monster.com ) /監督・脚本:ケリー・フレモン・クレイグ 製作:ジェームズ・L・ブルックスほか 出演:ヘイリー・スタインフェルドほか/104分・カラー/2016年 アメリカ/原題:The Edge of Seventeen/配給:カルチャヴィル/PG12/© MMXVI STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

This Week

アーティスト、イ・ジョンの仄かなネオンに彩られた世界

人気がなく閑散とした空間にネオンでつくった文字を並べた、写真とインスタレーション。そうした作品を通して、イ・ジョンは“孤独感”と“忘れ去られた世界”を表現する。

Read More

伝統と革新 和漢洋折衷でアート&ファッションに切り込む

水墨画アーティストのCHiNPANが初の個展「BLACK WORK」を開催し、“人体と水墨画の融合”をテーマに制作した作品を展示した。多様な植物に囲まれた会場に、CHiNPANの和紙のテクスチャーや柔らかさ、墨の色は自然界とも溶け合っている。

Read More

パリ、ダンス界を魅了する、レティツィア・ガローニ

ここ数年にわたりパリ国立オペラの観客たちを魅了する、24歳のプリマ・バレリーナ、レティツィア・ガローニ(Letizia Galloni)。そんな彼女が、独学で学んだ少女時代から、彼女のダンス教育、そしてステージ上でのセンセーションに至るまでを、率直に気持ちよく語ってくれた。

Read More

ケイト・マクリーンがつくり出す香りの世界地図

人は、とかく視覚情報に頼りがちだ。自分の周囲の地図をつくるために犬はその鼻を使うが、人は紙に描かれた線を頼りに自らの進路を得る。地図は便利で有効な道具だが、同時に退屈でもある。紙の地図は人を目的地に導くことはできるものの、そこに行けばどんなことが起こるのかは教えてくれない。しかし、ケイト・マクリーンの作品は、その常識を覆してしまった。

Read More

嗅覚を目覚めさせる香りの芸術家クララ・ラヴァット

ベルリンはクロイツベルクの中心に位置するミクストメディアのイベントスペース〈スペクトラム〉で、月に一度開かれる会合〈スメル・ラボ〉。その創始者こそ、バルセロナが生んだ香りのアーティスト、クララ・ラヴァットだ。〈スメル・ラボ〉は香り愛好者たちのための実験的なワークショップで、香りの芸術科学を探求している。

Read More

モデル・中川えりな ミレニアル世代の民主主義に不可欠な5つのファクター

学生団体『SEALDs』の元メンバーであり、現在はカルチャーイベント『Making-Love Club』等を主催するモデルの中川えりな。女性ならではの視点で語る、彼女がいまのミレニアル世代に問いかけたいこと、民主主義について思うことについて聞いた。

Read More

アーティスト、アポロニア・ソコルが描くもの

過去と現代を行き来するフランス人アーティスト、アポロニア・ソコルが描く肖像は、過去の才能を現代のものへと昇華する。彼女の作品に投影される5つの信念とは。

Read More

ペニー・ゴーリングの詩「tower block 55」

ペニー・ゴーリングはロンドンを拠点とするアーティストであり、詩人でもある。カジュアルでありながら緻密という非凡な手法で「非常に注意深く間違えた」作品をつくりあげてきた。今回はそんなペニーについてもっとよく知ることのできるインタビューに加え、彼女が〈The Fifth Sense〉のために書き下ろした詩「tower block 55」を紹介する。

Read More

モデル・アーティストColliu、日常と作品を接続する5つの要素

モデルとして誌面を飾りながら、アーティストとしても活躍するColliu。ペインティング、オブジェ、インスタレーションなど様々なメディアを横断しながら創作活動を行う彼女の作品には、鑑賞者に作品を身近に感じてもらい、鑑賞者を楽しませたいというなによりの動機がある。5つの観点からその作風を紐解いた。

Read More
loading...