一瞬を永遠に、日常をユートピアに変える写真家、草野庸子

写真家、草野庸子が撮る世界は、ぼくらにさまざまな記憶を甦らせーーときに匂いや音まで想起させーー、夜通し遊んだあの夜を目の前に作り出す。

「撮った瞬間から、過去になってしまうから」と常々語る彼女。その言葉は、ぼくらがもっと小さかった頃、おもちゃ箱に締まっておいた大切なフィギュアやぬいぐるみを愛でるかのように、優しく響く。

彼女は現場にたって、楽しんでいる渦中にいながらどこかで、この一瞬はずっと続くことはなく、いつか終わってしまうと知っている。彼女の写真は”全体的に”ハッピーだが、どこか一抹の切なさや寂しさを含んでいる。彼女が作り出すユートピアは、一過性だからこそ、より愛おしく感じてしまうのだ。

それは青春時代へとタイムスリップさせ、「あの頃はね」なんて語り合うような古臭い懐古趣味的なものではなく、もっと壮大なものへと裾野を広げる。つまり、人生は過ぎ去って行くものであり、不可逆的であり、巻き戻せないということ。福島県いわき市出身の彼女は、高校生の頃に東日本大震災を経験した。そのときに「いつか終わってしまう」感覚を身をもって体験した。

震災後、生きることは有限であると強く悟ったとき「なにか面白いことをしなければ」と上京し、通ったのは美術系の専門学校、グラフィック・デザイン専攻だった。「全然デザイン上手くなくて、周りすごいなって思いながら日々を過ごしていて。先生たちにも課題せっつかれたりして。落ちこぼれでしたね」。

すべてを変えるきっかけとなった写真新世紀には、友人たちと過ごした楽しい時間を詰めんこんだ。そして、佐内正史氏の目に止まり、優秀賞を受賞。現在は、パーソナルワークに加えて、ファッションストーリーやポートレートなど、数種類のフィルムカメラを使い分け、さまざまな分野で活動している。

リアルで、生々しくて、パーソナル。剥き出しで迫ってくる写真たちは、彼女が所属している世代の”逞しさ”を代弁している。

スナップチャットは10秒で消えてしまう。だからこそパワフルだ。時代は一瞬一瞬を大事にするほうへと、刹那的なハッピーを引き延ばすほうへとシフトしている。暴力的なまでの支配者である”時間”に対抗すべく、次世代の才能たちはほぼ反射的に戦いを挑んでいる。

ブッカー賞作家のカズオ・イシグロは『記憶とは死に対する強力な対抗手段のひとつである』と語っている。

「今、この一瞬しかないと思って、撮っています」という覚悟があるからこそ、彼女の写真は記録=記憶を超え、ハッピーで愛おしい夢さえをも見させてくれるのだ。

草野庸子

1993年生まれ、福島県出身。桑沢デザイン研究所卒。第37回写真新世紀優秀賞(佐内正史選)を受賞し、2015年には写真集「UNTITLED」を自費出版。ファッションをはじめ、様々なジャンルで活動を行っている。2017年の年明けには、自身二度目となる個展と二冊目の写真集リリースを予定している。

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...