interview

タイムトラベルとアフロフューチャリズムが導く未来

ラシーダ・フィリップスとキャメイ・アイワの手によって生み出された、タイムトラベルとアフロフューチャリズムを駆使し、アートと音楽によって女性を鼓舞するコミュニティスペース〈Community Futures Lab〉の真相にせまる。

Read More

ジャミラ・ジョンソン=スモールの自由奔放な身体表現

彼女自身の言葉を借りるなら、ジャミラ・ジョンソン=スモールがダンスを愛しているのは、それが「ラディカルかつ社会的な命題」だから。そして実際、そのラディカルな側面は、ジャミラ本人がステージのオンオフで見せる姿からもはっきりと浮かび上がってくる。

Read More

メキシコ人アーティスト、ピア・カミーユ

“メキシコ・シティ”と“不安定さ”。近年話題となっているメキシコ人アーティスト、ピア・カミーユの作品を象徴する特徴は、その2つのキーワードを彷彿させる作風だった。

Read More

前進し続ける女優、キャサリン・ラングフォード

Netflixのドラマ『13 Reasons Why』の主役ハンナ・ベイカー役で本格的な演技デビューを果たし、今大注目のキャサリン・ラングフォード。オーストラリアを故郷に持つ20歳の彼女が、物事を中途半端に終わらせることはないのだ。

Read More

アイリーン・マイルズ:再生を繰り返す存在

アイコニックな詩人、作家、そして大統領候補にもなったことのあるアイリーン・マイルズに、60年代から現代にいたる、彼女の激動の半生について訊いた。

Read More

空間を紐解くアーティスト、ミカ・タジマ

アーティスト、ミカ・タジマの作品は、光と音、そしてときに金(きん)を通して、空間と社会の基礎構造を問う。彼女がクリエイションに追求するもの、またその原点にせまる。

Read More

ベルリン次世代ギャラリストデュオ、ギルマイアー・レッヒ

ベルリンのポツダマー通りにあるこのギャラリーは、かつてスロットマシーン修理店だった場所に入っている。そこを拠点とし、ウィットと色彩にあふれたディープなカルチャーを発信する2人組のギャラリストを紹介しよう。

Read More

映画界を席巻するゴールデンガール、リリー・タイエブ

2015年の映画『あの頃エッフェル塔の下で』に出演し、注目を集めた17歳のフランス人女優リリー・タイエブ。進学準備のさなかにインタビューに応じてくれた彼女が語ったのは、自らの世代、10代の恋愛事情、気ぜわしい現代社会でマイペースを貫くこと。

Read More

ジル・ケニントンが見てきたもの

60年代を代表するモデルとして活躍し、その後フォトグラファーに転向したケニントン女史。時代の顔となった経緯に思いをはせながら、彼女は今、自伝の執筆に勤しんでいる。

Read More
loading...