photostory

感覚を駆使して表現を続ける、フルーティ・レディ

感覚がもたらす悦びの力をずっと知っていた南アフリカのアーティスト、レディ・スコリー。彼女の作品に欠かせないのは、かつて母が虜だったフルーツと、彼女が大切にしている“感覚”。

Read More

フォトグラファー、アダマ・ジャローが見据える景色

フォトグラファー、アダマ・ジャローがその名を知られるきっかけとなったのは、自身の人生をつまびらかに切り取った作品だった。彼女がレンズを向ける先に見える景色とは?

Read More

アーティスト、ニナ・カチャドリアンの増幅する好奇心

アメリカのコンセプチュアル・アーティスト、ニナ・カチャドリアンが作品に使うのは、電話の保留音、ネックピロー、そしてクモの巣(同時にこれらを使うわけではないが)。そのアートが切り込んでいくのは、私たちが当たり前に受け取っている日常の風景だ。

Read More

シェイ・ディターのシュルレアルな世界に浸る

ニューヨークを拠点に活動するアーティスト、シェイ・アコピアン・ディター。その幻想的でロマンティックな絵画や写真作品は、彼女がつくり出した夢の世界へと観る者を誘う。

Read More

写真家、クレア・シランドの目から見たニュアンスの世界

目を凝らして見なければ、見落としてしまいそうなほどささやかなニュアンスに彩られたクレア・シランドの写真。そこから読み取る、誠実なコミュニケーションの大切さをひも解く。

Read More

女性のスタイルを模索する、5人のイラストレーター

イラストレーターのオンラインコミュニティに所属し、女性のスタイル探求するためにその才能を惜しみなく注ぐ、5人の開拓者たち。彼女たちが作品のなかに思い描く、女性像とは?

Read More

スース・ラロッシュのエキゾティックな魅力を探る

エジプトとフランスの血を引くアーティスト、スース・ラロッシュ。感情と無意味さを探究するそのアナログな写真および映像作品は、作家自身と同様に神秘的雰囲気に満ち、謎めいている。

Read More

フィルターを使わず、女性の肉体を讃える写真家、ナオミ・ウッド

イギリス西部・ブリストルをベースに活動する写真家ナオミ・ウッド。被写体となる女性を知り、そのあるがままの姿に、繊細ながらも力強い魂を捉えることに使命感を感じてシャッターを切り続ける。

Read More

上海のアーティスト、ウェン・ジュンの世界を探ろう

上海に拠点を置くアーティスト、ウェン・ジュンは、特別なトレーニングを受けたわけではない。だからこそ、写真や絵、音楽を通して繰り広げられるその自己表現が、新鮮で生き生きと感じられるのかもしれない。

Read More
loading...